日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
メンバー様から頂いたとっても素敵な一時
2012-04-16 (月) | 編集 |
少しづつ肌寒くなってきましたね。
ブッククラブでは夏のアイスティーではなく、温かいお茶を出すようになりました。
そんな季節に始めてブッククラブにいらしたお客様の1人が、温かいお茶が入ったマグを両手で包んで本棚を見ていました。
私はなんとなくそのお客様の向こう側に、窓辺の近くに立ち、肩にウールのショールを掛け、本を眺めているような景色を見てしまいました。とっても暖かな雰囲気でした。
ブッククラブは本屋さんだと思うと品数が大変少ないのですが、ご自分の家の本棚だと思って頂けると沢山の本があるなあ、と思ってもらえるのではないかと日頃から思っていたせいもあるのでしょうか。
何だか時間が止まってしまった様な素敵な一時でした。
どうもありがとうございました。

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: