日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 白洲編
2016-03-03 (木) | 編集 |
白洲正子・”ほんもの” の生活
shirasuhonmono.jpg

当代一の目利き、“ほんもの”を知る唯一の人といわれた白洲正子。
今秋、旧白洲邸「武相荘」が記念館としてオープンするのを機に、白洲ワールドの拠点の全貌をあますところなく伝える。
さらに、生前には家族にも内緒だった自筆の和歌集、油絵、ノートなどから修業時代の正子の姿を追い、白洲正子はいかにして白洲正子になったのかの謎を探る。
アマゾンより
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: