日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 夢枕編
2016-03-11 (金) | 編集 |
映画エヴェレスト 神々の山嶺は、違いのわかるアウトな男と呼ばれる・アルピニスト野口健が、映画鑑賞後、朝まで眠れなかったそう。
主演も阿部寛とか岡田准一で、絶対にみたい映画の原作です。

kamigamino.jpg
夢枕獏・神々の山嶺

連載開始から20年以上。
その間、国内外で映画化オファーが殺到しながらも、そのスケールの壮大さから成立に至らず、まさに“映像化不可能な小説No.1”と言われ続けてきた夢枕獏の世界的大ベストセラー「神々の山嶺」が遂に奇跡の映画化。
日本映画の“最高峰”ともいえる作品がここに誕生した!
標高8848M、氷点下50℃、最大風速は50M以上、呼吸すら困難な、まさに“極限の世界”エヴェレスト。
本作では日本映画史上初、実際にエヴェレストの標高5200M級での撮影を敢行! キャスト、スタッフ共に10日間掛けて高度順応しながら登り、1か月以上にわたるネパール・ロケに命懸けで挑んだ。
「この作品のために、これまでの人生があった」とキャストも語るほど、この圧倒的な自然との対峙からドキュメンタリーさながらの迫力ある演技がうまれている。
エヴェレストの厳格にして神秘的な存在感が人間のドラマを豊穣に彩り、力強い映像が観る者の心に迫る。
東宝オフィシャルサイトより
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: