日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
るるのおすすめの本 城山編
2016-01-07 (木) | 編集 |
城山 三郎
「粗にして野だが卑ではない」石田禮助の生涯


残念ながらあまりにも古い本のためアマゾンでもイメージがありませんでした。
その表紙はひょうひょうとした老紳士がhatをかむり、ステッキを持って、紳士とはかくあるべきものという感じの表紙です。

「粗にして野だが卑ではない」。
まさしくその通りの人生、生涯を気持ちよくおくった人の伝記です。
今のこの時代にこんな人がいるのでしょうか?
大きなパンチでガツンとやられたような気持ちです。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: