日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 山崎編
2016-01-03 (日) | 編集 |
山崎 豊子
運命の人(1、2、3、4)

運命の人

息苦しくなるほど引き込まれる本です。全4巻を読み終わるまでは何も手につかず、かといって本を置くこともできず往生しました。4巻すべての本の見開きに「この作品は、事実を取材し、小説的に構築したフィクションである。」とかかれています。が、作中の人物がすぐそこにいるような錯覚をおこしてしまうほどです。山崎豊子ファンである私にとってははずせない本でもあります。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: