日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
第13回読書会 さっちゃん編
2015-11-02 (月) | 編集 |
エンジェルフライト国際霊柩送還士・佐々涼子

葬儀業界の慣例にしたがって、遺体の納められた「ひつぎ」を「柩」、納められていないものを「棺」と表記している (文中より)

私の知らない事は限りなくある。

もし、海外で家族が亡くなったって言われてもその事実を飲み込んで納得するのはとても難しい。

エンジェルフライトの仕事への亡くなった方への誠実さは素晴らしいと思う。
残された人達が前に進んでいけるよね。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: