日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
ビブリオバトル合戦1 まちゃ編
2015-07-30 (木) | 編集 |
三崎亜紀 刻まれない明日

misakiakikizamareta.jpg

10年前、三千九百十五人が一瞬にして消え去った故郷に、沙弓は戻ってきた。
その街では既にない図書館から本が借りられたり、廃線の路線バスの光が見えたりと、消えた彼らの存在が強く感じられるのだ。だが、その気配が徐々に薄れ始めて。。。。。沙弓は事件の「傷」と闘いながら、残された人々もまた葛藤している姿を目にする。
人々の営み が胸を打つ感動長編。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: