さっちゃんのあれこれ 山崎編

こんな記事(時事ドットコムより抜粋)を読みました。
近々新潮社から刊行の山崎豊子ガイドブックに一部が掲載されるそうです。
読みたいです。

デビュー前の日記発見=山崎豊子さん、空襲や恋愛つづる
「白い巨塔」「沈まぬ太陽」で知られ、戦後を代表する社会派作家の山崎豊子さん(1924~2013年)が文壇デビュー前の20~21歳当時に記した日記が見つかり、新潮社が13日付で発表した。

yamazaki1.jpg

山崎さんの現存する最初期の文章で、大阪大空襲や恋愛について切実な言葉でつづられている。

大空襲があった3月13日付では「自分の生涯を通じ(中略)忘れる事の出来ない日」と記述。
防空壕を出た後の「必死の消火」や「両側は火の海」の御堂筋を人々が逃げ惑う様子、船場の焼けた老舗の実家前で立ち尽くす父の姿などが、デビュー前と思えない筆致で描かれている。

恋愛については、自身を「凪よりも嵐を呼ぶ女だ」と記す一方、思いを寄せた男性への出征前後の切ない心情や「彼に会うまで死にたくない」と当時の切迫した空気を伝える。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/1027-7858c3e4
Use trackback on this entry.