るるのおすすめの本 エリザベスキュブラーロス編

エリザベス キュブラーロス
死ぬ瞬間

あまりにも有名な1969年に出版された本です。その昔読んだことがある本をもういちど読み直しました。なんだか今回は行間から沢山の体験が垣間見えました。読んでは立ち止まり、立ち止まっては考え、を繰り返したので1冊の本に1週間以上かかってしまいました。読んでいる時は決して浮かれた気分にはならないし、どちらかというと沈みがちになります。それでも読む価値がある本だとお勧めします。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/1006-264e091c
Use trackback on this entry.