日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 楡編
2017-04-30 (日) | 編集 |
nirekesen2.jpg
楡周平・血戦 Once Upon a Time in Tokyo2

前回の宿命からシリーズで2冊目になります。
あまりにも気になるのでその後をさちこさんに日本から購入してもらいました。
読んでいるそばからドキドキが止まりません。そしてその後は何が何でもさらに読みたくなります。
3は出ないのかな?
今筆跡中でしょうか?
気になります。

るる
さっちゃんのおすすめ 今泉編
2017-04-27 (木) | 編集 |
「サバクツノトカゲはピンチになると目から血を出して敵の目を攻撃し、場合によっては出血多量死する」という衝撃的な情報に家族全員「は?!」と盛り上がりました。

zannenikimono.jpg

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの辞典・今泉忠明監修
地球には、すごい能力をもつ生き物がたくさんいます。
でも一方で、思わず 「どうしてそうなった! ?」 とつっこみたくなる「ざんねん」 な生き物も存在するのです。
この本では、進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった122種の生き物たちをご紹介します。

本入荷のお知らせ 190
2017-04-26 (水) | 編集 |
日本から11冊入荷です
今回は、ブッククラブにあるシリーズの続刊や完結編を多めに入荷しました。

ブログ左下のブクログもみてみてください。
左下の家の形のマークをクリックすると新入荷の本も確認して頂けます。
bukulog.jpg
本のご紹介 石田編
2017-04-24 (月) | 編集 |
石田衣良・非正規 レジスタンス
ishidahiseiki.jpg

本のフリーターというのはこういった理由でフリーターになるのかうなずいてしまいました。
そして深夜パッケージのインターネットカフェもこのような理由で利用されているのかとびっくり仰天。
海外に長いこと住んでいると言葉は知っているけれども実態が伴わないという日本の事情にすっかり疎くなってしまいます。
まずは一読して仰天してください。

るる
さっちゃんのおすすめ ベスコフ編
2017-04-21 (金) | 編集 |
読んでください。
いい話です。
絵も大好きなんです。

elsapere.jpg
エルサ・ベスコフ/ペレのあたらしいふく
ペレは自分だけのこひつじを持っています。
ペレもこひつじも少しずつ大きくなり、ペレの上着のすそは短く、ひつじの毛は長くなりました。
そこで、ペレはひつじの毛を刈り、近所の人々の協力を得ながら、自分の新しい服を仕立てることにします。
自分の手でものを手に入れるということ、働くということへのヒントを与えてくれる、スウェーデンの名作絵本。
本のご紹介 浅田編
2017-04-18 (火) | 編集 |
asadatsubaki.jpg

浅田次郎・姫椿
浅田次郎の短編集です。
心がほんわかとしたり、癒されたり、涙がほろりと出たり。
ときどきふと読みたくなりますよね?そんな物語を。

るる
本入荷のお知らせ 189
2017-04-17 (月) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人の本 多数冊 宮部みゆき他
・子供の本 多数冊 こどものとも他

Y様ありがとうございました
さっちゃんのあれこれ Audio編
2017-04-15 (土) | 編集 |
日本昔話のCDブックを眠る前に聞くのが気に入っているおりくん。
私の知らない昔話 ”Silly Saburo”を繰り返し聞いてウケている。

中古の本とかオーディオブック等を売っているところがあるのを思い出したので、久しぶりに行ってみた。
リチャード・ギアが朗読しているリトルプリンス3ドル、お買い上げ

thelittleprinceaudio.jpg
The Little Prince / Antoine De Saint-Exupery

LOTEのセクションに前回ビブリオバトルチャンプ本のセルビア語のがあって1人で盛り上がったが、残念ながらやっぱり読めない。
古本屋は「何か見つかるかも?!」とワクワクする楽しみがあるのがいいね。

Book Bazzar
bookbazzarshenton.jpg
4月15日 イースターの土曜日
2017-04-14 (金) | 編集 |
4月15日 イースターの土曜日は、平常通りオープンいたします
本入荷のお知らせ 188
2017-04-14 (金) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人の本 3冊 

A様ありがとうございました
本のご紹介 東野編
2017-04-12 (水) | 編集 |
higashinodochirakakanojyo.jpg

東野 圭吾・どちらかが彼女を殺した
ときどき読みたくなる東野圭吾。
こんなにたくさんの本が出版されているにもかかわらず、一つとして同じパターンのミステリーはありません。
ここまでくるとどんな結末が待っているのがとても楽しみです。
この本に関しては最後のとじ込み、推理の手引きも忘れずに読んでください。

るる
さっちゃんのおすすめ 考える人編 
2017-04-09 (日) | 編集 |
考える人が10冊に増えました
毎回色々な人の文が違ったテーマで読めるので、本1冊に匹敵します。
寄付して頂いた最新版は2017年2月号なんですよ。

kanngaeruhito.jpg
考える人・新潮社
たまにはテレビを消して、身の回りも整理して、一人の「わたし」に戻り、自分の言葉と生活を取り戻したい。
溢れるモノや情報をいったんせき止めて、ひと息つきたい。
思考する頭に新鮮な空気を送り込みたい。
そんなあなたのために用意する、小ぶりの静かな部屋に季刊誌「考える人」はなりたい、と考えています。
創刊編集長 松家仁之(まついえ・まさし) より抜粋

本のご紹介 真山編
2017-04-06 (木) | 編集 |
mayamacorruptio.jpg
真山 仁・コラプティオ

コラプティオって何のこと?辞典を調べてみました。
まずは大辞林にお世話になりましたが、カタカナのコラプティオは出ていませんでした。
英語CORRUPTIOと本の表紙になっているので英語で調べてみました。
CORRUPTから来ているようなので背徳的な、不正な、腐敗したという意味があります。
CORRUPTIOラテン語で疑獄の意味もあるようです。
真山仁どこまでコラプティオに迫れるか。

るる
知的書評合戦ビブリオバトル 5月に変更 
2017-04-04 (火) | 編集 |
4月末に予定していたビブリオバトルですが、5月27日土曜日に変更となります。
寒くなっていたら、暖炉で芋でも焼こうかと思っています
皆様のご参加をお待ちしております。
さっちゃんの次に読みたい本 ヘンダーソン編
2017-04-03 (月) | 編集 |
hotondosouzou.jpg
ほとんど想像すらされない奇妙な生き物/カスパー・ヘンダーソン
アホロートル、クマムシ、イエティクラブ、モロクトカゲ。。。
空想上の動物と同じくらい風変わりで不思議な生物たちのおりなす、21世紀の幻獣辞典。
世界は、私たちの想像の及びもつかない生き物で満ちている。