日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのあれこれ Scarry編
2017-03-10 (金) | 編集 |
Richard Scarryの絵が好きで何冊か持っています。
ガレージセールで買ったNursery Talesは、童話をちょっと柔らかい話にかえてあるので、子供が寝る前に読む本にもぴったりで気に入っています。
例えば、七ひきのこやぎは食べられてしまうのではなく、大きなバッグに詰められる設定なので、外科手術的イメージの後にオオカミが溺死させられる結末よりも悪夢を見る確率が減ります。

Richardscarrysausage.jpg
びーちゃんが好きなThe Three wishesは、ソーセージが鼻にくっつく願いをメインに話が進むので、大笑いした後、ぐっすり眠れます。