日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 高野編
2017-03-31 (金) | 編集 |
高野和明・13階段
taka13kaidan.jpg

なんとなく13階段というと、13日の金曜日を連想してしまいます。
そちら系の話ではありませんが、高野和明の幽霊人命救助隊が思いもよらず楽しく読めたのでこれは2冊目です。
13階段も裏切りませんでしたよ。
2003年には映画にもなりました。
なかなか読みごたえがあります。

るる
さっちゃんのあれこれ 重松編
2017-03-28 (火) | 編集 |
プレミアムドラマ「その日のまえに」
おりくんと2人でポロポロ泣きながらみました。
先に逝く方の気持ちや後に残された家族の気持ちを短い時間ながら希望をいっぱい詰め込んでありました。
原作が重松清でブッククラブになんとなんとありました。
sonohinomaenidramahuman.jpg

その日のまえに・重松清
僕たちは「その日」に向かって生きてきた。
昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。
消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。
死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。
sonohinomaeshigeshige.jpg

本のご紹介 白石編
2017-03-25 (土) | 編集 |
白石一文・一瞬の光
issyunnshiraishi.jpg

白石一文のデビュー作です。
こんなおしまいがあってもいいかなあ、と思わされます。
まだ白石小説の型にはまっていないというのでちょっとお勧めかもしれません。

るる
さっちゃんのあれこれ ヤクトーヴィチ編
2017-03-22 (水) | 編集 |
あかいけいと/オリガ・ヤクトーヴィチ 松谷さやか訳
akaioriga.jpg

オリガ・ヤクトーヴィチの絵本が大好きです。
先日寄付して頂いた絵本の中に発見しました
版元品切れの本を読めるなんて感激です。
本のご紹介 乾編
2017-03-19 (日) | 編集 |
乾くるみ・イニシエーションラブ
yamamotofui.jpg

本の帯に必ず二度読みしたくなると書いてあります。
ふんふん、と軽く読んでいきます。そしてやっぱり二度読みしてしまいました。
それも読み終わったすぐにですよ、こんな本初めてでした。
そして二度読みした人がいたら是非その話を聞かせてください。
私もぜひ解決したいのです。

るる
さっちゃんのあれこれ Watts&Legge編
2017-03-16 (木) | 編集 |
The Fearsome, Frightening, Ferocious BOX
Frances Watts & David Legge

fearsomewattslegge.jpg

久しぶりにおりくんに本を買った。
単語の種類が豊富なのと絵が購入理由。
絵の中に動物が隠れているのをみつけたり、最後はめくると「箱の中にはいっているのは誰か?」がわかったりと楽しく読める。
普段「本読むのは後で。。。」と言うおりくんが、自慢げに音読してみせてくれた。
本のご紹介 山本編
2017-03-13 (月) | 編集 |
山本文緒・絶対泣かない
fumioyamazettai.jpg

山本文緒の短編集です。
なかなかいい感じの短編集です。
きっと作者の経験と周りの友人の癒される経験をまとめたのかなあ?という感じです。
それにしても一番最後までさっくりと癒されます。

るる
本入荷のお知らせ 187
2017-03-11 (土) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人の本 多数冊 ほとんど想像すらされない奇妙な生き物記録他
・子供の本 多数冊 ペレのあたらしいふく他
・コミック 多数冊 ドラえもん他 

I様ありがとうございました
さっちゃんのあれこれ Scarry編
2017-03-10 (金) | 編集 |
Richard Scarryの絵が好きで何冊か持っています。
ガレージセールで買ったNursery Talesは、童話をちょっと柔らかい話にかえてあるので、子供が寝る前に読む本にもぴったりで気に入っています。
例えば、七ひきのこやぎは食べられてしまうのではなく、大きなバッグに詰められる設定なので、外科手術的イメージの後にオオカミが溺死させられる結末よりも悪夢を見る確率が減ります。

Richardscarrysausage.jpg
びーちゃんが好きなThe Three wishesは、ソーセージが鼻にくっつく願いをメインに話が進むので、大笑いした後、ぐっすり眠れます。


本のご紹介 石田編
2017-03-07 (火) | 編集 |
石田 衣良・Gボーイズ冬戦争
ishidagboys.jpg

忘れた頃に読みたくなる石田衣良の池袋ウエストゲートパークシリーズ。
Gボーイズ冬戦争はそのシリーズの第7弾。
一話一話の物語は独立をしているのでどこから読んでも楽しむことができます。
でもやっぱり登場人物の過去の挿話なども絡んでくるので一話から順を追って読むのをお勧めします。

るる
さっちゃんのあれこれ Cornwell編
2017-03-04 (土) | 編集 |
アデレードに住んでいる頃にはまりまくっていた「検視官シリーズ」のパトリシア・コーンウェルのインタビューが雑誌に載っていたので、切り取っておいた。
Patcornwel linterview

裏がムキムキのホットな消防士の記事で、あやうくそっちが気に入って取っておいたみたいに家族に思われるのもちょっと。。。
わざわざ「この裏側のインタビューをブログに書こうと思って」って自己申告したら、逆に言い訳がましくなってしまった。。。
firemanmukimuki.jpg
さっちゃんのあれこれ るる編
2017-03-01 (水) | 編集 |
るるさんがしばらくの間、海外へと引っ越しです。
さみしいです。
2人であれやこれや話しながら、構想&準備8か月とオープン5周年を一緒にやってきました。
出発の日は泣きました。
とりあえず、1人でブッククラブを回してみるつもりです。
そんなわけで、ご迷惑をおかけする事もあるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さちこ