パースブッククラブ 

日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 

ビブリオ合戦6 つぶあん編

kanponakajima.jpg
漢方小説・中島たい子

【第28回すばる文学賞受賞作】
川波みのり、31歳、脚本家、独身。
胃がひっくり返ったようになるのに、眠れないのに、病院に行って検査をすると『特に異状なし』。
あのつらさは何? 
昔の男が結婚したショックのせい? 
それとも仕事のストレス? 
最終的にたどりついた東洋医学で、生薬の香りに包まれながら、みのりが得たものは。
心と体、そして人間関係のバランスを、軽妙なテンポで書き綴る。仕事も、恋愛も、なんとなく疲れちゃった…。
大丈夫!そんなときの処方箋。

ビブリオバトル合戦6

第6回知的書評合戦ビブリオバトルをブッククラブにて、9月24日土曜日に開催しました。
当日は日中のブッククラブオープンから暖炉に薪をくべていたのでブッククラブはぽかぽかでした。
danronohi.jpg

いつものようにたくさんの差し入れがメンバーの皆様からありました。
この場を借りてお礼申し上げます。 どうもありがとうございました。
biblio.jpg

さあ、いよいよビブリオバトルの始まりです。
写真提供はつぶあん様、いつも素敵な写真をどうもありがとう!

本のご紹介 池永編

池永 陽
珈琲屋の人々

ikenaga.png
まだまだ読んだことがない作家の本がたくさんあります。池永陽もそのうちの一人。珈琲屋に集まる人々の物語です。人の人生ってこんなに色んなことがあるんだなあ、なんて考えてしまいました。何気ない毎日を過ごしているけれども、実はすごく幸せなことなのかもしれません。
[ 2016/09/26 01:26 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 佐々木編

佐々木 譲
警察庁から来た男

sasaki.png
佐々木譲の北海道警察本部を舞台にした小説第2弾。ずいぶん長い間ブッククラブでも人気があり貸し出し中の本をやっと読むことができました。人気の秘訣、わかっちゃいました。どうやらこの続きもある模様。ブッククラブで第3弾も探してみてください。
[ 2016/09/24 01:23 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

第6回ビブリオバトル あさって

いよいよビブリオバトルが、あさってとせまってきました。
皆様のご参加お待ちしております

場所: ブッククラブ
月日: 9月24日 土曜日
時間: 夜7:30時から

持ち物:自分が紹介をしたい本1冊。
バトルの仕方: 持参の本の5分間の売り込みをする。その後みんなの持ってきた本からチャンピオン本を選ぶ。

バトル参加の場合は、本の作者、タイトル、と裏書をメールでお知らせください、その際ハンドル名もご一緒にお知らせください。

ビブリオバトルの詳細はこちらから
http://www.bibliobattle.jp/

当日は簡単な食べ物とご自分の飲み物をご持参ください。
ビブリオバトルはブッククラブのメンバーなら誰でも参加できます。
皆さんの参加をお待ちしています。

本のご紹介 黒川編

黒川 博行
切断

kurokawa.png
究極のミステリーです。何がミステリーなのかがなかなかわからないという設定です。果たしてこれを読む人は何がミステリーなのか、それを何ページあたりでわかるのか、ちょっと知りたい私です。
[ 2016/09/20 01:16 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのあれこれ DK編

石やらキラキラしたのやら化石なんかが大好きなおりくんの誕生日にびーちゃんがプレゼントした本。

therockandfem book
The Rock & Gem Book... and other treasures of the natural world/Dan Green
集めている石コレクションを見ながら「これがあーだ、あれがーこーだ」と言いながら、びーちゃんに読んでもらって、おりくんもとっても楽しそうでした。

るるのおすすめの本 俵編

俵 万智
トリアングル

tawara.png
俵万智の初めての小説。短歌ではなく小説です。でもささやかな発見、一瞬の風景を随所に織り込んだ短歌がさすがという感じです。

   年下の男に「おまえ」と呼ばれいてぬるきミルクのような幸せ

こんなの好きだなあ。
[ 2016/09/16 01:12 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ 鈴木一郎編

ちょっと前にイチローの本を寄付していただきました。

まるごとイチロー伝説51/東日本鈴木一朗研究会
ichirodensetsu.jpg

イチローが、史上30人目となるメジャー通算3000本安打に到達。
カッコいいです素敵です
[ 2016/09/14 10:54 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 174

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

大人向けの本 多数冊 東野圭吾他

M様ありがとうございました
[ 2016/09/13 12:57 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 石田編

石田 衣良
夜を守る

ishidaira.png

池袋のウエストゲートパークをそのまま上野アメ横に持ってきたような物語です。
池袋ではマコトとタカシの若いイケメン二人が活躍していましたが、こちらはちょっと様子が違います。「上野アメ横。さえない青春を送る4人が、街を守るために立ち上がった」(裏書より)  でもそこはさすが石田さん、キャラクターが魅力満載なんですよ。
[ 2016/09/12 01:09 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのあれこれ 育児日記編

育児日記を読んでいたら、生後6か月頃の自分が今とほぼ違わない行動をしていた。

5月22日
本箱ばかり、みつめている。
何故か、本への興味が強い。


笑える

9月16日金曜日 平日オープン

「平日に開ける予定がある場合は声をかけてほしい」というリクエストを頂きました。

来週、金曜日9月16日の11時から12時までの1時間オープンします。

土曜日のみオープン以降来るのが難しくなってしまったメンバーの方、ブッククラブに1度行ってみたいなと思っていらっしゃる方にも是非来ていただけたらと思っています。

本のセレクションもかなり増え、1年以上いらっしゃっていない方がみたら驚いていただけると思います
お待ちしております。
[ 2016/09/09 12:41 ] その他 | TB(0) | CM(0)

第6回ビブリオバトル開催のお知らせ

第6回ビブリオバトル開催のお知らせです。
本好きの皆様が続々と集まってこられるのを楽しみにしています。

場所: ブッククラブ
月日: 9月24日 土曜日
時間: 夜7:30時から

持ち物:自分が紹介をしたい本1冊。
バトルの仕方: 持参の本の5分間の売り込みをする。その後みんなの持ってきた本からチャンピオン本を選ぶ。

バトル参加の場合は、本の作者、タイトル、と裏書をメールでお知らせください、その際ハンドル名もご一緒にお知らせください。

ビブリオバトルの詳細はこちらから
http://www.bibliobattle.jp/

当日は簡単な食べ物とご自分の飲み物をご持参ください。
ビブリオバトルはブッククラブのメンバーなら誰でも参加できます。
皆さんの参加をお待ちしています。

本のご紹介 角田編

角田 光代
庭の桜、隣の犬

角田光代

夫婦って、家族って何だろう?愛でも嫉妬でもない、何かもっと厄介なものをど真ん中に抱えて、私たちはどこへ向かうのだろう?(裏書より)
毎日の生活の中で、こんなことを考えているのかなあ、と思ってしまいました。ちょっと身近に感じたりしています。
[ 2016/09/08 01:01 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ コミックまとめ借り編

「漫画をまとめて借りた~い」というご希望にお応えしまして、じゃじゃーん

6冊で2ドル
ヤマザキマリ/テルマエ・ロマエ 6巻
牧美也子/源氏物語 6巻


3冊で1ドル
猪川朱美/鵺の絵師 3巻
ヒガアロハ/しろくまカフェ 3巻
[ 2016/09/06 13:32 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ 東野編

東野圭吾・夢幻花
mugenbanahigashino.jpg

あの東野圭吾が「こんなに時間をかけ考えた作品は他にない」って言ってるから、日本で買おうかどうか迷った本です。
「ブッククラブにないんだったら、どうぞ!」とJさんに寄付して頂きました。
ありがとうございました
[ 2016/09/04 17:02 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ 堀川編

サッと読める本として、おすすめです。
のんびりな文章の中にところどころ背筋がブルッとする文章があります。
シリーズで何冊もでているので、読んでみたくなりました

gensouyubinkyokubunko.jpg
幻想郵便局・堀川アサコ
就職浪人中のアズサは「なりたいものになればいい」と親から言われてきたけれど、「なりたいもの」がわからない。
特技欄に“探し物”と書いて提出していた履歴書のおかげでアルバイトが決定。
職場は山の上の不思議な郵便局。そこで次々と不思議な人々に出会う。
生きることの意味をユーモラスに教えてくれる癒し小説。
生と死のはざまという不思議な世界ながら彼らが生き生きと動き、読者がすんなり入りこめてしまう物語は、美しい装丁と合わせて「ほっとあたたかいのにほのぼのと怖い」と評判に。
[ 2016/09/02 17:18 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)
Profile

Author:パースブッククラブ
メルアドが新しくなりました
お問い合わせはこちら↓までbookclub6014@gmail.com

オープン:土曜の朝9時-昼12時
他曜日は予約オープンします
お気軽にご連絡ください

詳細はCategoryのご案内をごらんください

本リストはブログ左下のブクログにあります

Latest comments
フリーエリア