日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのあれこれ コクヨ編
2016-08-31 (水) | 編集 |
おりくんへ妹からのプレゼント。
塗り絵がものすごく進化してて、すご~い

立体ぬりえワークブック はたらくくるま編・コクヨ
hatarakukurumanurie.jpg
本のご紹介 山本編
2016-08-29 (月) | 編集 |
プラナリア・山本文緒
puranariabunko.jpg

第124回(平成12年度下半期) 直木賞受賞
乳ガンの手術後、何をするのもかったるい25歳の春香。
この洞窟の出口はどこにある? 
働かない彼女たちに現在を映す恋愛小説集。
本のご紹介 川村編
2016-08-27 (土) | 編集 |
川村元気・世界から猫が消えたなら
sekainekobunko.jpg

郵便配達員として働く三十歳の僕。
ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。
そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。
絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。
その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。
「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
僕は生きるために、消すことを決めた。
電話、映画、時計……そして、猫。
僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。
僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化&映画化。
本入荷のお知らせ 173
2016-08-26 (金) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

*大人向けの本 116冊


A様ありがとうございました
本のご紹介 又吉編
2016-08-25 (木) | 編集 |
又吉直樹・火花
hibanapic.png

お笑い芸人二人。
奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。
笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。
神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。
彼らの人生はどう変転していくのか。
人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!
「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。
第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞受賞作。
さっちゃんのおすすめ 火坂編
2016-08-23 (火) | 編集 |
火坂雅志・美食探偵
bisyoku1.jpg
本書の物語が明治31年は、西暦では一八九八年にあたる(解説より)

携帯とかインターネットとか出てこない
久しぶりにのんびり読んだ本でした。
本のご紹介 東野編
2016-08-21 (日) | 編集 |
マスカレード・ホテル
masukareido1.jpg
マスカレード・イブ
masukareido2.jpg

東野圭吾作品は、ブッククラブに何冊もあって人気です。
さてさて、この2冊も仲間入りする事になりました。
さっちゃんのあれこれ Drake編
2016-08-19 (金) | 編集 |
びーちゃんからのおさがりの中でもおりくんが気に入っている本です。
寝る前にパパに読んでもらうのが楽しいみたいです
Dragonology
doragonology1.jpg
Working with Dragons
workingwithdragons.jpg
Wizardology
wizardology.jpg
Dinosaurology
これは去年買いました
dinosaurology.jpg
さっちゃんのおすすめ 富樫編
2016-08-17 (水) | 編集 |
sroseries.jpg
富樫倫太郎・SRO警視庁広域捜査専任特別調査室

最新作SROⅥを寄付して頂いて、SROゼロを日本で買ってきたので7冊そろいました
ブッククラブでも人気シリーズです。
ひなたカフェ
2016-08-15 (月) | 編集 |
ひなたカフェのちらしをいただきました

8月21日 日曜日 10時から4時まで
hinatacafechirashi.jpg
ビブリオバトル合戦5 チャンプ本発表
2016-08-13 (土) | 編集 |
第5回ブッククラブ知的書評合戦 チャンプ本の発表のお時間でございます。
champ book

全員起立でドキドキしながら「いっせ~の!」で、読みたい本を指さしたその先は。。。。。


じゃじゃ~ん
つぶあんさんの片桐はいり、わたしのマトカでした

watashinomatoka.jpg

ビブリオバトルはすごく楽し くて、本好きにはたまりません。
次回のビブリオバトルは、9月24日(土)を予定しております。



ビブリオ合戦5 しなもん編
2016-08-12 (金) | 編集 |
saekihada.jpg

佐伯チズ・メソッド 肌の愛し方 育て方
全国で聞いた肌の悩みベスト10
-毛穴が開いて肌のキメが粗い
-洗顔してもニキビができる
-目の下のクマが消えない
-Tゾーンの脂浮きが止まらない
-朝したメイクが昼までもたない
-顔がいつも火照っている
-肌が乾燥してうるおいがない
-シミがどんどん濃くなる
-顔全体がくすんでいる
-顔の産毛が濃い
ダメかも・・・なんて、あきらめるには早すぎる!
確実に改善できる方法がこの本に詰まっています。
ビブリオ合戦5 るる編
2016-08-11 (木) | 編集 |
bestschoolyamamo.jpg

山本 由美・べストスクール―アメリカの教育は、いま
夫のハーバード留学にともなって、5歳の娘は、日本人のいない小学校に入学した…。
チャーター・スクール、バウチャー制度、ホームスクーリング、統一テスト、スタンダード設立運動…。
競争的になっていくアメリカの教育事情と、多民族国家の中の子どもたち、日本人社会のさまざまな人間模様を、母親としてまた教育学者の目で描く。
ビブリオ合戦5 つぶあん編
2016-08-10 (水) | 編集 |
watashinomatoka.jpg

片桐はいり・わたしのマトカ
1963年東京都生まれ。
成蹊大学卒業。
俳優として、舞台、映画、テレビと幅広く活躍している。
主な出演作に舞台「片桐はいり一人芝居『ベンチャーズの夜』」「マシーン日記」「R2C2」など、映画「かもめ食堂」「なくもんか」など。
北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった。
旅にまつわる名エッセイ。
ビブリオ合戦5 momo編 
2016-08-09 (火) | 編集 |
syokuhinnouratop.jpg

安部 司 ・食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。
コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。
「殺菌剤」のプールで何度も消毒されるパックサラダ。
虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・・・・。
食品添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんあります。
「食品製造の舞台裏」は、普通の消費者には知りようがありません。
どんな添加物がどの食品にどれほど使われているか、想像することさえできないのが現状です。
本書は、そんな「食品の裏側」を、食品添加物の元トップセールスマンが明した日本ではじめての本です。
いま自分の口に入る食品はどうできているのか。
添加物の「毒性よりも怖いもの」とは何か。
安さ、便利さの代わりに、私たちは何を失っているのか。
加工食品の安さや便利さは魅力だが、安さや便利さには理由がある。
本書を通じてその理由を知れば、少しでも安全な食品を選ぶ気になるはずだ。
ビブリオ合戦5 ヒヨッコ編
2016-08-08 (月) | 編集 |
hyakutaforutu.jpg

百田尚樹・フォルトゥナの瞳
幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。
だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。
はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり…。
生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。
ビブリオ合戦5 Angel編
2016-08-07 (日) | 編集 |
homelessjunior.jpg

田村裕・ホームレス中学生
父親の解散宣言で、13歳の僕は突然家を失う。
そんな僕の新しい家は公園のウンコ形遊具の中。
雨で体を洗い、食べられるものはないか色々試す。
そんな中で手を差し伸べてくれるたくさんの人、兄姉、友達。
そして改めて考えるお母さんの事、人と関わるという事。
いつしか描いた芸人という夢…。大ベストセラーとなった笑って泣ける貧乏自叙伝。
ビブリオ合戦5 まちゃ編
2016-08-06 (土) | 編集 |
tabisuruki.png

星野道夫・旅をする木
広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。
1978年に初めて降り立った時から、その美しくも厳しい自然と動物たちの生き様を写真に撮る日々。
その中で出会ったアラスカ先住民族の人々や開拓時代にやってきた白人たちの生と死が隣り合わせの生活を、静かでかつ味わい深い言葉で綴る33篇を収録。
ビブリオ合戦5 minori編
2016-08-05 (金) | 編集 |
isakaofarther.jpg

伊坂幸太郎・オー!ファーザー
父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。
個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件―。
知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。
多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。
伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。
ビブリオ合戦5 さっちゃん編
2016-08-04 (木) | 編集 |
mizujinseiwo.jpg

水木しげる・人生をいじくり回してはいけない
水木サンが見たこの世の天国と地獄をユーモアたっぷりに綴ったエッセイ。
おいたち、鸚鵡にみとれて命拾いした戦争体験、妖怪について…。
人生にはいろんなことが起こって当たり前、下手にいじくり回すより、自然の流れに身を委ねたほうがいい。
あくせく競争に追われるより、南国の楽園のように、のんびり暮らそう。
ビブリオバトル合戦5
2016-08-03 (水) | 編集 |
第5回知的書評合戦ビブリオバトルをブッククラブにて、7月30日土曜日に開催しました。
当日はさち子さんとロビンが暖炉を使えるように綺麗に掃除をし、たくさんの薪を用意してブッククラブぽかぽかでした。
danronohi.jpg
この場をお借りしてさち子さんとロビンに「ロマンティックで暖かい夜をどうもありがとう」。

さてそんな暖炉の上にチキンパイとたこ焼きを置いてあっためたのでした。
fire place
もちろん食べる時にはホカホカでしたよ。

他にもいつものようにたくさんの差し入れがありました。 メンバーの皆様どうもありがとうございました。
food.jpg
ちょっと見えにくいけれども、奥の方にはコンロを置いてスープを温めたり、おでんを温めたりしたのでした。

さあ、いよいよビブリオバトルの始まりです。
写真提供はつぶあん様、いつも素敵な写真をどうもありがとう!
本のご紹介 石持編
2016-08-01 (月) | 編集 |
石持 浅海
心臓と左手

hart.png

「私が待ち合わせ場所に着いた時、彼はすでに到着していた。新宿の大型書店。そこで彼は雑誌を立ち読みしていた。」
こんな風に本屋さんで待ち合わせをしている描写の短編集です。7つからなる短編集の冒頭はいつもこんな感じのパターンで、作者がどれほど本屋さんが好きなのかが伺われます。本好きの私にとってはここを読むだけでニヤリとしてしまいます。