2016-05-の記事

2016/05/30 さっちゃんのあれこれ わたなべ編
わたなべちなつ/きょうのおやつは7月に生まれる友達の赤ちゃんに選んだ本...
2016/05/28 本のご紹介 誉田編
誉田哲也/シンメトリー百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期はたったの五年。目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、失った自分の右腕。元駅員は復讐を心に誓うが…(表題作)。ほか、警視庁捜査一課刑事・姫川玲子の魅力が横溢する七編を収録。警察小説No.1ヒットシリーズ第三弾。...
2016/05/26 さっちゃんのおすすめ 角田編
角田光代は、「4冊決まって後1冊どうしようかな?」っていう時に貸出に出ることが多いです。角田光代/三月の招待状...
2016/05/24 さっちゃんのあれこれ tuperatupera編
おりくんと近くの紀伊国屋に。「ママ~、この本みて~」と持ってきた本が。。。うんこしりとり/tuperatupera他にも「うんこ」や「おなら」の絵本がかなりあった。旬な題材なのか。。。こういう絵本苦手だから、買えない。。。...
2016/05/22 さっちゃんのあれこれ シルエットブックス編
この本欲しいんだけど、在庫がない状態らしい?!シルエットブックス/モーションシルエット...
2016/05/20 本のご紹介 碧野編
碧野圭/書店ガール 1・2・3吉祥寺にある書店のアラフォー副店長理子は、はねっかえりの部下亜紀の扱いに手を焼いていた。協調性がなく、恋愛も自由奔放。仕事でも好き勝手な提案ばかり。一方の亜紀も、ダメだしばかりする「頭の固い上司の理子に猛反発。そんなある日、店にとんでもない危機が。。。書店を舞台とした人間ドラマを軽妙に描くお仕事エンタテインメント。本好き、書店好き必読。...
2016/05/18 さっちゃんのあれこれ 読み練習6編
日本滞在中、おりくんの読み練習用に買った本の紹介6です。Richard Scarry/The Worst Helper Ever!...
2016/05/16 本のご紹介 有川編
有川 浩塩の街「塩の街」が有川浩のデビュー作だったんですねえ。2004年、第10回電撃小説大賞を受賞しました。その後自衛隊三部作として「空の中」「海の底」と続きます。私はなんと逆から読んでいたんですねえ。でも逆からでもまったく違和感はありません。それぞれの物語の主人公たちがその後どうなったのか気になってしまい、できたらその後をぜひ読みたいと考えているのは私だけでしょうか?...
2016/05/14 さっちゃんのおすすめ 誉田編
日本到着後、購入1冊目誉田哲也/あなたの本父の書斎で見つけた奇妙な本。『あなたの本』と題されたそれを開くと、自分の誕生から現在までが一つ違わず記されていた。このまま読み進めれば、未来までもわかってしまうのか。その先をめくるか否か、悩みぬいた男の決断とは?サスペンス、ユーモア、ファンタジー、SFなど人気作家の多彩な作風を堪能できる七つの作品集。...
2016/05/12 さっちゃんのあれこれ 読み練習5編
日本滞在中、おりくんの読み練習用に買った本の紹介5です。Roberta Edwards/Five Silly Fishermen...
2016/05/11 本入荷のお知らせ 169
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 38冊T様ご夫妻ありがとうございました...
2016/05/10 さっちゃんのあれこれ 岩瀬編
実家でこんな本を見つけました。散歩中におりくんに「この花なんていう名前?」と聞かれると、「う~ん、雑草かな?名前はわからないな。」と答えていたので、これは便利。写真はカラーで見やすいし、近くの川べりで何時間も過ごせそう野草・雑草 観察図鑑/岩瀬徹&鈴木庸夫...
2016/05/08 本のご紹介 本田編
本田 孝好正義のミカタ「正義の味方研究部」というのがあるらしい。一体そこはどういうところなのか?誰が研究部にいるのか。。。。気になるところです。あなたの正義って?...
2016/05/06 さっちゃんのあれこれ 読み練習4編
日本滞在中、おりくんの読み練習用に買った本を紹介4です。Marc Brown/Arthur`s Reading Race...
2016/05/04 本のご紹介 湊編
湊 かなえ往復書簡タイトルのごとく往復書簡です。現代の話ですがメールではなく、フェースブックでもなくそして電話でもありません。便箋と封筒を買い、手書きで書く往復書簡の4編からなる短編ミステリーです。「昔の人の方が、ロマンチストなのかな。最初から完璧な手紙を書くのは難しいけれども、レターセットとペンを用意して、周りの音を消して机に向かうと、メールを打つ時とは違う気分で、自分の気持ちを表現できそうな気...
2016/05/02 本のご紹介 山本編
山本 甲士ALWAYS 三丁目の夕日昭和の時代のお話です。私が生まれる前の話ですが、なんだかつくしんぼを摘んだことや、のびるを摘んで夕食にしたことを思い出しました。その頃はアスファルト舗装されていない道も多く、軒下には風鈴が下がっていましたっけ。ちょっと懐かしいセピア色の写真を見ているような感じです。...