日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
大晦日 2015年
2015-12-31 (木) | 編集 |
2015年大晦日です。

皆様にサポートして頂きながら、2015年もるるさんと2人でブッククラブを続ける事が出来ました。
心から感謝を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。
そして、来年も素敵な笑顔にお会い出来るのを楽しみにしています。

皆様の2016年が素晴らしい年になりますように
本入荷のお知らせ 157
2015-12-30 (水) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・本 1冊 

K様ありがとうございました
さっちゃんのあれこれ ツイッター編
2015-12-29 (火) | 編集 |
漢字で書かないとこんな風に違う意味になったりなんて、日本語ってフレキシブルなところが好きだわー。

tansuikabutsu.jpg
ツイッターより画像お借りしました。
さっちゃんのおすすめ 小野編
2015-12-27 (日) | 編集 |
12年ぶりのオリジナル短編集。
私が大大大好きなシリーズなんです。

小野不由美・丕緒の鳥
hisyonotoriono.jpg

でも12年は、長かった。。。

最初の頃は「まだ、でないかな」とちょこちょこ確認してたんだけど、あまりにも出版されなくて「もしかしてもう書かないのか」と思っていた。

良かった良かった、作家がこの作品をギブアップしてなくて
本入荷のお知らせ 156
2015-12-26 (土) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・釣りの本 2冊 

つぶあん様ありがとうございました
さっちゃんのあれこれ クリスマス編
2015-12-25 (金) | 編集 |
サンタさん、私本がほしいで~す

というわけで、日本に帰国するメンバー様が本を買ってきてくれるというお言葉に甘える事に。

聖☆お兄さん 12巻
seioniisann12.jpg

無意識に壁ドンしたり、美容室でイメチェン試みたり、IKEAでオシャレ家具を買おうとしたり。
なのに一向にリア充からは程遠い聖人ブッダとイエスの、いとおしすぎる日常聖活。
初登場の悪神・ロキ様にも注目!

だって
楽しみ。
さっちゃんのあれこれ サンタ編
2015-12-24 (木) | 編集 |
本読んでるサンタさん

写真 (2)
さっちゃんのあれこれ マドリッド3編
2015-12-23 (水) | 編集 |
madridhonya.jpg

マドリッドの日曜マーケットの本屋。
本を覆う屋根がまた何とも言えなくいい雰囲気。
またいつか行きたいなあ。
本のご紹介 湊編
2015-12-22 (火) | 編集 |
湊かなえ・白ゆき姫殺人事件

minatoshirayukihime.jpg
疑惑の女性の周囲をとりまく、「噂話」の嵐。
「あの事件の犯人、隣の課の城野さんらしいよ…」美女OLが惨殺された不可解な事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。
噂が噂を増幅する。
果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも──。
さっちゃんのおすすめ 暮らしの手帖編
2015-12-20 (日) | 編集 |
わたしの暮らしのヒント集・暮らしの手帖

watashinokurashihinto.jpg

30代の新しい発想から、80代の豊かな知恵まで。
今日からできる。
ユニークで楽しい、6世代の暮らし方。

でも、ある時を機に思うのです。
あの頃、必死に守っていたものはなんだったんだろう、と。 (文中より)

なんて「60代に今までを振り返って思うのかなあ」って、考えたりして、なんだかゆったりできる雑誌です
本のご紹介 黒木偏
2015-12-18 (金) | 編集 |
黒木 亮
冬の喝采(上下)

Capture.png
ファンになりつつある黒木亮。ブッククラブにある黒木亮の本は「エネルギー」「巨大投資銀行」。
この二つの作品は黒木亮の経歴、都市銀行、証券会社、総合商社に勤務した経験を生かしてかかれたものだと思いますが、「冬の喝采」は全く別物です。
人生の何たるかを教えてくれる本でもあります。
仄かな感動に包み込まれました。
さっちゃんのあれこれ マドリッド2編
2015-12-16 (水) | 編集 |
びーちゃんがマドリッドの古本屋で、英語の本を何冊か買ってきていました。
久しぶりに会ったお姉ちゃんに読んでもらっている間中、大笑いのおりくんでした。

roald magic
本のご紹介 有川編
2015-12-14 (月) | 編集 |
有川 浩
県庁おもてなし課


kencho.png

有川浩、全くはずしていません。
面白い本です。
そのひと言に尽きます。
着想が面白いだけではなく、登場人物が魅力的。
物語はずばりそのもの、県庁のお話です。
この化石化したお役所をどう料理するのか、どんな人物達を配置していくのか、そして田舎はこれからどうなっていくのかは読んでのお楽しみ。
ああ、私にも田舎があったらなあ、と思わせる一冊です。
本のご紹介 佐藤編
2015-12-12 (土) | 編集 |
佐藤 多佳子
黄色い目の魚

kiiro.png

この本を買って、読み出したときのことを、今でも覚えている。
池袋の大きな本屋で、タイトルと表紙に惹かれて買い、そのまま西武池袋線に乗り、待ちきれなくて取り出して、ページを開いた。あっという間に物語世界に引き込まれ、乗客の姿も、窓の外の景色も、車内放送も、全部消えた。
10歳の悟、妹の玲美、母親の歩美、父親のテッセイ。
数ページ読んだだけで、登場人物たちが、知っている人たちみたいにいきいきと動きはじめる。(解説 角田光代)

全くその通りでした。
そして最後までそれは続きました。
夜更かしになりそうなのでご注意を。
さっちゃんのあれこれ マドリッド1編
2015-12-10 (木) | 編集 |
マドリッドでの宿泊先は、本棚もちょっとお洒落に飾ってあったりして、とても居心地が良かったです。

pedrpbook.jpg
本入荷のお知らせ 155
2015-12-09 (水) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・本 15冊 江國香織他 

S様ありがとうございました
本のご紹介 真保編
2015-12-07 (月) | 編集 |
真保 裕一
ストロボ


「ホワイトアウト」(吉川英治文学新人賞受賞)でファンになり「奪取」(山本周五郎賞受賞、日本推理作家協会賞受賞)で虜になった作家です。
その真保裕一の本です。
もう最初から期待度大でした。
そして今回もちろんはずしていません。
一気読みできる本なので夜更かしにご注意ください。
クリスマスもすぐそこ
2015-12-06 (日) | 編集 |
るるさんとおりくんで、ブッククラブをクリスマスの飾りつけ

20151203153638796[1]
ビブリオバトル合戦3 チャンプ本発表
2015-12-05 (土) | 編集 |
第3回ブッククラブ知的書評合戦 チャンプ本の発表のお時間でございます。

battle 2

全員起立でドキドキしながら「いっせ~の!」で、読みたい本を指さしたその先は。。。。。見事にバラバラでした。
二人づつ指名のあった本2冊を並べ再度指さしで、チャンプ本に決まったのは。。。。。。

じゃじゃ~ん
あずきさんの粗食のすすめ 実践マニュアル・幕内秀夫


sosyokujisen1.jpg

おまけのレシピ本
sosyokureceip1.jpg

ビブリオバトルはすごく楽し くて、本好きにはたまりません。
次回のビブリオバトルは、3月26日(土)を予定しております。
ビブリオバトル合戦3 あずき編
2015-12-04 (金) | 編集 |
粗食のすすめ 実践マニュアル・幕内秀夫

sosyokunosusumemaku.jpg

「“もったいない”こそ最高の知恵」「ご飯こそ最良の主食」「朝食を無理して食べる必要はない」…。
手間もお金もかけずに始められて、すぐに効果が出る食生活改善法。
安全な食品の選び方、おいしく食べて健康になる「粗食メニュー84」なども紹介。
ビブリオバトル合戦3 しなもん編
2015-12-03 (木) | 編集 |
横山秀夫・半落ち

hanochiyokoyamahi.jpg

日本中が震えたベストセラー待望の文庫化
妻を殺し、それでも生きる。
心の奥に想いを秘めて。
「妻を殺しました」。
現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。
動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの2日間の行動だけは頑として語ろうとしない。
梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは。
日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。
ビブリオバトル合戦3 るる編
2015-12-02 (水) | 編集 |
有川浩・クジラの彼

kujiraarikawa.jpg

『浮上したら漁火がきれいだったので送ります』。
それが2ヶ月ぶりのメールだった。
彼女が出会った彼は潜水艦(クジラ)乗り。
ふたりの恋の前には、いつも大きな海が横たわる――有川浩がおくる制服ラブコメ短編集!
年始年末ホリデーのお知らせ
2015-12-01 (火) | 編集 |
ブッククラブ年始年末ホリデーのお知らせです。

2015年12月13日―2016年1月8日
12月12日今年最後のオープンとなります。
1月9日来年最初のオープンとなります。

11月28日以降は、1度に10冊の貸し出しとなります。
返却は、2016年1月中にお願いいたします。

パースで日本語の本との毎日をお届けしたい「趣味の貸本屋・ブッククラブ」