2015-04-の記事

2015/04/28 本のご紹介 福井編
福井 晴敏TWELVE Y.O.息をつかせぬくらいすごい本でした。1968年東京生まれ。1997年「川の深さは」が江戸川乱歩賞選考会で大きな話題になる。翌年本作で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2000年に「亡国のイージス」で日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をトリプル受賞した。というつわもの作家です。こうなると「川の深さは」をも是非読みたくなる本です。...
2015/04/26 本入荷のお知らせ 128
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・本 1冊 百田尚樹・レシピブック 私がパースの壇れいよ様、ありがとうございました...
2015/04/24 本のご紹介 荒木編
荒木 源オケ老人!こういう元気が出る本大好きです。最近本の裏表紙を見ないで本を読むことにしています。裏表紙を読んでしまうと、簡単に紹介された物語をちらりと読むことによって、後日再度手にとった時に少し前に読んだ裏表紙を既に読んでしまったと勘違いをしてしまい、読んだ気になってしまうことがあるのです。まあ、なんと長たらしい説明でしょうか。まあ、要するに頭が少し緩んできて、読んだか読んでないか判断ができな...
2015/04/22 本入荷のお知らせ 127
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・小説 多数冊 Y&M様、ありがとうございました...
2015/04/20 さっちゃんのあれこれ 20セント編
ピクニックに行った時に「鼻で笑うって英語でなんていうの?」と話していたら、ブッククラブの20セント売り棚に2冊の脈ありな本を発見。これを英語で何というか?・松本亨これをやさしい英語で何というか?・松本亨しかし載っていない。。。そうはうまくいかないよね、うんうん。ところが「鼻毛をのばす(鼻の下を長くする)」という項目が目に飛び込んできた。「鼻毛をのばす」って、「鼻の下を長くする」と同じ意味で、その上...
2015/04/18 さっちゃんのおすすめ 雑誌編
私が日本へ行っている間に本棚に雑誌が増えていました。寄付していただいた雑誌は、どれも本屋で手にとった事のないものばかり。そして、その次の土曜日、またまた他のメンバー様にみた事のない雑誌を寄付して頂きました。私も2冊帰りに買ってきたので、なんだか色んな種類の新しめの雑誌が本棚に並びました。などなど。疲れているときに脱力感いっぱいでボーっと読むと言えば、やっぱり雑誌よね...
2015/04/16 本のご紹介 三浦編
この本はまだ読んでいないのでご紹介。神去なあなあ日常・三浦しをん飛行機で映画を見ました。しょっぱなに飯田与喜役の伊藤英明が、奇妙な動き??不審な行動??をしていて、「原作の本の中にああいう???な人が書いてあるの?!」と知りたくて知りたくて、買ってきたんです。読むのが楽しみだなあ。...
2015/04/14 本入荷のお知らせ 126
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・育児料理の本 2冊・子供の本 8冊K様、ありがとうございました...
2015/04/12 さっちゃんのあれこれ 首藤編
日本から首藤瓜於の脳男Ⅱ(指し手の顔 上・下)を「8年ぶりの続編は読む読む」と買ってきたのですが。。。え~と。脳男がブッククラブにはない。。。大分前に飛行機で脳男の映画を見て本がブッククラブにあると思い込んでいたらしい私。お~、の~。後日談この話をしたら「え、私借りた事あります」とJさん。るるさんがハードの棚から見つけてくれました。あ~、良かった。...
2015/04/11 本入荷のお知らせ 125
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 6冊 新装版論語他R様、ありがとうございました...
2015/04/10 さっちゃんのおすすめ 柚木編
柚木裕子の佐方貞一シリーズ2巻・検事の本懐は、ものすごく評判が良くて貸し出にいつもでている本です。めったに帯をかかないといわれている横山秀夫が推薦文を書いている作品。日本にちょっと行って来たので、1巻&3巻にあたる「最後の証人」と「検事の死命」を買ってきました。本棚に置いてすぐ貸し出しにでて、すでにひっぱりだこの予感...
2015/04/08 本入荷のお知らせ 124
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・雑誌 2冊 料理通信他A様、ありがとうございました...
2015/04/06 ジグソーパズル
お母さんが本を選んでいる間に、ブッククラブにおいてあるジグソーパズルで一遊び。やまとくん 8才ちょっと変わった日本地図のジグソーパズル。2回目はもっと早く、もっとスムーズに出来るようになりました。やまとくんはこの地図のどこに行ったことがあるのかな?...
2015/04/04 さっちゃんのおすすめ 和田編
時間や季節がゆっくりながれていく時代物は、読むとリラックスできて、涼しさがちらほらしてきた今日この頃、さっちゃんのお気に入りになっています。と・い・う・わ・け・で。和田はつ子の料理人季蔵捕物控シリーズのおすすめです。季節の食べ物の話をベースにした時代物ミステリで、なんといっても文章が読みやすいので「時代物だめなんだよね」っていう人にもいいんじゃないかな。...
2015/04/02 本のご紹介 鎌田編
鎌田 實がんばらないけどあきらめない「がんばらない」というのが私のことかな?と思って読み始めました。ちょっと気を緩めると怠惰でずぼらな自我が出てしまうので、いつもはしまってあります。しっかりしまっているつもりでも、もちろんあちこち吹き出ているのが現実ですが。さあ、自分の事はこの辺にして、全編に行きわたる愛と慈しみを感じます。がんばっている時に読んでもいいし、がんばっているけれども、これ以上がんばれ...