パースブッククラブ 

日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 

るるのおすすめの本 森沢編

森沢 明夫
あなたへ

1.png

ちょっとファンだった高倉健主演の映画です。彼の寡黙な雰囲気と幸せになっていいのだろうかと迷っている姿を思い出してしまいます。優しく、限りなく優しくなる物語です。
ちょっととんがった気分のときに読むのをおすすめします。心の平和を取り戻すこと間違いなしです。


パースで日本語の本との出会いをお届けしたい「趣味の貸本屋・ブッククラブ」 


[ 2015/03/31 01:57 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 さっちゃん編

ジョアンナの愛し方・オリビア=セント クレア
おもしろい事に昔と今とほぼ感想がかわらなかった。

42ページのエッチな写真(自分のだよ)を郵送するを読んで、「ないない、そんな事して回収できなくなったらどうするの?!彼の秘書が手紙開けたらどうするの?!実家住まいだったら、母親とか?!そんな事になったら結婚とかできないよね、その人と。うわあ、ないわ。」
と友達とわいわい言っていた1995年。

43ページのエッチなメモを作る(それをポケットにいれておく。新聞でもいい。)なんて、「あ、この紙落としましたよ~」とか、誰かに言われたら気まずいでしょ?!
20年前は、筆跡が残らない様に脅迫文書の様に新聞の切り抜きでエッチなメモを作ってはどうかという妥協案でもりあがったけど、リベンジポルノに使われたりしない様に自分の子供達にはやっちゃダメリストとして読み上げた方がいいかも。
とちょっと母親目線な2015年。

こういう本は、カップルで一緒に読むのが良い読み方だと思う。

きみはいい子・中脇初枝
どのストーリーにもため息がでた。

もし、生きているものは、己の人生を選べないんだったら、「きっかけ」がところどころにある事を願いたい。
もし、生きているものは、己の人生を選んできたんだったら、「きっかけ」をところどころに計画にいれてあるといいんだけど。
皆があたたかい気持ちで過ごせるようにと思わずにはいられない。

***** ***** ***** ***** ***** ***** *****
第11回読書会は5月を予定しています。
読書会はブッククラブの会員の本好きな方ならどなたでも参加できます。
参加ご希望の方はブッククラブまでメールにてお問い合わせください。
[ 2015/03/30 02:27 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 momo編

ジョアンナ

初めのページを読んで 「 あっ このページは昔 立ち読みしたことある」と確信しました

パラパラっと読んでこれは ちょっと 家に持ってかえれないなぁー (笑)と言うか立ち読みで充分と思ったんだと思います (笑 笑)でも、内容は まるっきり覚えて無くて今回 気になったのはジョアンナが外見は全く普通なのにセクシーに見えるのは彼女の頭の中がとってもセクシーだからって事 いつでも どこでもセクシーなイマジネーション全開でもそれのオーラが自然に出てる

なるほどわたしに無いものはこれだ!!

君はいいこ

うーーーーーん

重いです
苦手な種類の本です
見たくない世界だし自分の周りにもないと信じてます
でも この本みたいに気づいてなかったら!?と思うと 恐ろしくなってきます
子どもたちはいつの時代の大人に守られて行くのが当然なのに〜
こんな社会は みんなで 変えていかないとねーー うーーーーーん どうやって???

[ 2015/03/29 02:30 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 つぶあん編

きみはいい子 中脇 初枝

うーん......重たい内容の本でした。
私は虐待を受けたことはないけれど、たしか小学生の頃、一度だけ何度も母にたたかれたことがある。理由は全く覚えていないけど、一度だけ。
弟はやんちゃだったので、良く叱られていたし、物置きに入れられたりしていたけど、私は基本的にぼんやりした子供だったので、あまり叱られた記憶がない。
私をたたいた時の母は何かでイライラしていたのかもしれないし、その時すごく辛いことがあったのかもしれない。その捌け口が私だったんじゃないかと、今自分も母親になって思う。共感さえしてしまう。
きっとこの本にあることは、今この瞬間もどこかで起きていることなんだろうと思うと、とても胸が痛い。どうかその子にも、母親にも、手を差し伸べてくれる人がいることを願わずにいられない。
最後の痴ほうになった母親への介護のお話も含めて、なんとなくすっきりしない、だからなに?と作者に言いたいような、なんだかトンネルに入れられて自分で考えなさい、と言われたような気持ちが残っています。

根っこが深い本でした。
[ 2015/03/28 01:57 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 みきてぃ編

ジョアンナの愛し方

読んじゃったわ、一晩で
しかも、ベットの中で
あっ?!
今、エッチな想像したわね!!!
違うわよぉ~w

いや、これが、話題沸騰だった本なのねー
日本でこれが大流行だった頃
私は、遊ぶのに忙しくって
本を、読む時間は、1分も無かった
だから、日本に住んでいた頃、はやった本は
ほとんど知らないのです

読んでの感想
なるほど、これは、西洋版
48手本なのだな!
いや、203手本!
大杉だわ(笑)(笑)(笑)

これは、西洋人と、日本人の
表現に対する美意識が、極限にあるので
はたして、日本人には、参考になるのだろうか・・・
もしや、百戦錬磨の超エロい美女がこれをしたら
もう、黙っている男はいないだろう
がっ!!!!
西洋人なら、そんな女性を彼女にして
超自慢できるぜっ、ベイベー♡
っとなるだろうけど
日本男子は、この、203手を披露できる女子を
100% 彼女や奥さんになと、できないと思う
そんなセクチーな日本男子は、皆無だろう・・・
と言う事で、こりゃー、日本AV 界と、西洋AV 界の違いを見たような
そんな感想でしたー
でもね、一つだけ、超、納得したこと!
見た目がブサイクとか、見た目がデブとか
そんなんカンケー無く
自信を持つこと!!!
これが、内面から、セクシーさを引き出し
男が引く手あまたになる
モテモテになる
これは、一理ある!
もちろん、自信の持ち方、態度にもよるけれど
外面の見た目より、心が放つパワーが
外面を覆い尽くす
これは、大ありだわ!

ってことで、一つ、結論
さとみパトラよ!
キミに足りないのは、自信だ!!!!

ジョアンナを読んで、今年は
自信満々に、生きるのだ!!!

きみはいい子

読んでいて、涙がぽろぽろ
号泣とか、かわいそうとか
そんな気持ちではなく
ただ、苦しかった
ただ、ポロポロと、涙を流しながら読みました

本の構成的には
全てが繋がるようになっていて
なるほど
そんな風に思えました
ただ、テーマがね・・・

これは、現実
と言うより、現実は、もっと、厳しい
どのストーリーも
私は
虐待を受けている子供より
虐待している親を
抱きしめたいと思った
「もう、大丈夫だよ」

ただ一つ
苦しい、悲しい、連鎖なのだ
たぶん、世の中のほぼ多くが
この連鎖から抜けられないのであろう
自分がされたからしていいという問題ではないが
思う事は
なぜ、誰も、助けてあげなかったのだろう
親も子も、苦しんでいるのを
なぜ、なぜ、なぜ?
でも、口で言う事は簡単
自分はどうなんだろう?
問いただした
そして、やっぱり、助けたい
余計なお世話であっても

元凶をたどりたい
元凶は必ずある
この本の中でも出てきた
酔っ払いの暴力男

これは、非平等だが
男の暴力は、やはり、元凶だと思う
全ての虐待をさかのぼれば
男親(養父)の暴力がスタートの気がする
そんな風に思うのは、自分が女だからかな?
少なくとも・・・
女には、10カ月お腹に留めた命の記憶が
全くゼロになる事は、無いような気がする
男にとっては、生きる事は、相手を倒すこと
そう思うと
こんな連鎖も、神様のいたずらか気まぐれか・・・
読書から、そんな深い考えまでいきついた本でした

まぁ、でも・・・
自分から好んでは、手にできそうもない
現実にこうゆう事があるって言うのは
受け止めきれない自分がいる
苦しさで、自分がスパークしちゃいそうなので
重い重い本でした
[ 2015/03/27 01:22 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 るる編

きみはいい子 中脇 初枝

初めて読む作家の本です。色んな年代の話なので自分が子供になったり、子供をもつ親になったり、そして年老いた親を持つ子供になったり。その時々の心理が非常にリアルでちょっと居心地が悪いほどでした。どうして居心地が悪いのかを考えてみることもないくらいで、自分がかつてそのような虐待を受けたか、或いは虐待をしたか、或いは一歩間違えたらやっていたかもしれないと言う気持ちあるからなのでした。虐待をされたという記憶はありませんが、まだ小さな頃に母に皮ベルトでぶたれた記憶があります。何でぶたれたのかは全く記憶にないのですが、皮ベルトを手に持つ母が大泣きをしていたのをはっきりと覚えています。その時の私は怖いと思う気持ちはもちろんありましたが、普段怒らない母をここまで怒らせたしまった自分が悪かったのだと思ったことは今でも記憶が薄れません。決して二度と母をここまで追い込んではいけないのだと子供心にも思いました。たぶん母の愛情を身をもって感じていたのだと思います。

自分が子を持つ親になってからは吃驚することが度々ありました。大人の社会ではけんかをしたり、好き嫌いがあってもそれを隠し何とかうまく対処をしながら暮らしているのですが、子供というのはこちらのそんな感情は全く通じません。自分がとてつもなく感情的になることがしばしばありました。そんな自分を経験するのはすごくいやでした。もちろんその反面子供は大変可愛く「生まれてきてくれてどうもありがとう」という心も同時に存在しています。
私が子供に注いでいる愛情を、同じように母からもたっぷりと愛情を注いで育ててもらったと確信していますが、今は年老いてきた母親のわがままが気になることもあります。愛情豊かな私も、うっとおしいと思う私もどちらも本当の私ですが、この本はどちらかというと私のいやな面を思い起こせるような居心地の悪さをずっと感じてしまいました。でも読後感は思ったよりも軽く清々しく自分の内面をもう一度見直すというのに役立っていると思います。


オリビア セント クレア
ジョアンナの愛し方


一体どういう経緯でこの本がブッククラブ読書会のお題目本になったのか全く覚えがありません。けれども私の所へまわって来たときには既に3人が読み終わっていたので続けて読むことになりました。
はっきり言って感想文は非常に書きづらい、なんだか自分の性生活をさらけ出しているような気がするからなんでしょうか。しかし昔から日本で言われるような48手というのがありますが、ジョアンナの愛し方はなんと203もあります。一つづつ試したとしても203日は楽しめるという事なのでしょうか。面白いのは日本の春画が文中に案内されていたり、芸者遊びの一つである野球拳(じゃんけんに負けたら一枚づつ着ているものを脱いでいくという遊び)や真珠を使用する方法などが案内されているのは吃驚、セックスに関しては日本は遅れているのかと思っていたけれども、実は進歩していたのですね。さあ、私自身はどうでしょうか?それはひみつです。
[ 2015/03/26 01:21 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 しなもん編

まぐだら屋のマリア

読みやすい本だった。老舗日本料亭で過酷な修行生活を送っていた主人公紫紋は夢を追って毎日を過ごしていた。そのつみかさねがこんなにも簡単にくずれるなんてフィクションながら結構ありえる話だと思った。その中で主人公が関る人々の出会いが面白かった。修行生活の中で社長の家政婦に助けられ後輩とゆう友ができ、料理長の裏切り、職場の女の子へのときめき、その中でかたくなに変わることのなかった母の存在。
まぐだら屋に流れ着いてマリアを筆頭に色々な人との関わりができる。人との関わりが最終的には紫紋の里帰りの道を作る。改めて人との関わりが”COMES AND GOES”だけではなくてたとえもう会わなくなった、合えなくなった人達の存在が大きく影響していることを又確認するような本だった。

ジョアンナの愛し方

つっこむところが多すぎてしっしょう気味で読んだ。絶対あかんやろーと思うのが「突然の電話、彼の仕事場や出張先に喘ぎ声を交えなから電話をしてセクシーなことを言って急に電話を切る」「友達の家を借りる」「東洋の真珠、彼のアヌスに糸でつないだ珠をそう入しておく」。確かにセックスを素晴らしく刺激的なものにするためには努力がいるとは思うけれどこれらはちょっと度が超えているのではないか?(笑い)夕食は何にしようかしらなんて考えながら歩くのではなくかっこいい男をチェックしながら歩くらしい。。。。ほー。
[ 2015/03/25 01:20 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会 あずき編

きみはいい子

もうとにかく心が揺さ振られっぱなしで泣けました。
ごく普通にどこにでもある新興住宅地にまつわる多方面からの家族のお話。
何もかもあって恵まれ、裕福で、ただその生活を維持する、得る事に忙しく、人間の温かみ、また与える事を忘れがちな私達。
大昔から隠れてあった親の虐待。
子供はみんないい子で平等に生まれてくる。
その後の親からの愛情の受け方、また与えられ方、などによって知らず知らずの間に少しずつ性格、習癖に変化を遂げて大人になっていく。
その親もまた各人の育ってきた環境に影響され、そういう風に育児をしている。
誰が悪い、育った環境、ではなく、これは回り回っている。
誰しも愛情をいっぱいに受けて、感じて生きていきたいはず。人は愛情のバケツが空では幸せに生きていけない。
出張、接待で家にほとんどいない父に常に叩かれ罵倒されて育った私が、自分の子供を虐待せずに済んでいるのは母の愛情があったおかげだと感謝。
是非とも周りの人々の愛情バケツにも少しでも愛を与えてあげれる人間でいたいと痛感しました。

ジョアンナの愛し方

昔に、若かった頃に確か読んだ記憶がありました。
そうそう、こんな感じだったわね~とするすると読み終えてしまいました。
内容は日本のシャイな私達にとっては少し過激にも思えます。
が、セックスは悪いものではなく、どうせするんなら楽しく、夫婦がお互いに喜んで出来る方がいいではないですか。
そういう面ではこの本は目からウロコ影響を与えるだろうなと思いました。
それでセックスレスに歯止めがかかると、「浮気は男の甲斐性」という風習も収まり、揉め事も減る。
世の中のカップル、夫婦はお互い愛情も高まり、人間という動物の本能を満たして、心、気分も満たされ、しいては争いごとも少しは減るかも…と、とても大きな影響を期待してしまったのでした。
[ 2015/03/24 01:01 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会

第10回読書会が3月21日土曜日にブッククラブで開催されました。

当日は9名プラス赤ちゃんをつれての参加でした。生後4ヶ月の赤ちゃんの可愛いこと可愛いこと、どこもかしこもぷりぷりでした。皆に抱っこされておねむの時間が吹っ飛んでしまい、夜泣きがひどくなるかな?と思いきやお母さんからは最長記録9時間も寝てくれました、というお便りが届きました。

22.03.15 794
(写真提供:つぶあんさま)
メンバーからの持ち寄りの1品はいつものように美しく、美味しい。

今回の読書会のお題本は下記です。

きみはいい子 中脇 初枝

5編からなる短編集です。2013年本屋大賞ノミネート作
ぼくは初めて気がついた。子供は一人ひとり違う。一人ひとりが違う家に育ち、違う家族に見守られている。そして学校にやって来て、同じ教室で一緒に学ぶ。一枚のTシャツだって、一本の鉛筆だって、この子の為に誰かが用意してくれた。その人達の思いが、この子達一人ひとりにつまっている。その誰かは、昨日はこの子達にご飯を食べさせ、風呂に入れ、布団で寝かせ、今朝は朝ごはんを食べさせ、髪をくくったりなでつけたり、ランドセルをしょわせ、学校に送り出してくれたのだ。ぼくは、この思いに答えられるんだろうか。目の前の38人の子どもたちが、輝いて見えた。誰かの愛情に包まれた、かけがえのない子供達。(サンタさんの来ない家から)
誰かの子どもだった、すべての人に。さしのべられる手を、皆待っている -心ゆさぶる感動作(本書帯より)
1974年1月1日高知県生まれ、筑波大学卒業。高校在学中の1992年に『魚のように』で第2回坊ちゃん文学賞を受賞し、17歳でデビュー。児童虐待をテーマとした『きみはいい子』は5万部を超えるヒット作となり、2013年に第28回坪田譲治文学書賞を受賞。2014年、『わたしをみつけて』で第27回山本周五郎賞候補。(ウィキペディアから抜粋)

ジョアンナの愛し方 オリビア セント クレア 

与えられるセックスよりも、与えるセックスのほうがずっと素晴らしい。そのための方策をつぶさに、しかも具体的に語って衝撃をあたえたベストセラー。セクシーな女性が、お手本を見せてあげなければ女の悦ばせ方がわからない――男なんてそんなもの。女性によってはじめて書かれた、女性自身のための素晴らしいセックス203の方法論。(アマゾンの紹介から)
オリビア セント クレア、1962年ニューヨーク生まれ。雑誌編集者。「セックスは、男性だけが楽しめればそれでいいというものではなく、二人で楽しみたいものである」と言う考えを元に、この本を筆跡した。(作者紹介より)

この本を回覧して読書会は始まりました。
続々と「感想文」を発表していく予定です。
お楽しみに!
[ 2015/03/23 01:27 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 大沼編

大沼 紀子
真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫

シリーズ4冊目です。この本に続きはあるのかなあ?なんとなくこの後の話が気になってしまいます。1冊目を読んだ人、時々思い出したように2冊目、3冊目を読んでみてください。たぶんこの後の話が気になること間違いなしです。


[ 2015/03/22 01:52 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 飯田、梓編

飯田 譲治、梓 河人
アナン、(上下)

こんなに本を読んでいるのに、まだ読んだことがない作家がいるなんて、すごい!読んだことがない作家の本に出会うと読む前から心ときめいてしまいます。そして読みながらこれはいける!なんて手応えがるともうたまりません。本と私の幸せな時間が約束されてしまいます。
アナン、そんな私の気持ちにしっかりと応えてくれました。これは一体どんなジャンルに属するのでしょうか?とても不思議な本です。
[ 2015/03/19 01:50 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

るるのおすすめの本 原田編

原田 マハ
本日は、お日柄もよく


ドキドキがずっと止まりませんでした。物語が始まってすぐドキドキが始まり、中盤にはピークになり、そのドキドキを保ちつつ、手に汗握る自分がいました。最近「るるのおすすめの本」の常連になった原田マハ!いろんなジャンルで楽しませてくれます。今私がもっとも注目している作家です。

まだマハ未体験の方にもお勧めです。その代わりマハのファンになっても知りませんよ。ご用心を!

パースで日本語の本との出会いをお届けしたい「趣味の貸本屋・ブッククラブ」 



[ 2015/03/16 01:48 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 123

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

*大人向けの本  55冊
*マガジン     12冊
*マンガコミック  11冊
*料理本       7冊
*週刊誌       1冊
*英語関連      7冊

KAZU様、ありがとうございました
[ 2015/03/14 01:14 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 新保編

新保 裕一
デパートへ行こう!


一体全体この本の行く末はどうなるの?度々思いました。どこに話が転がっていくのか見当がつかないという意味ではミステリーなのでしょうか?それとも。。。。。という訳で目が離せない本でした。
私のおすすめの本であるのホワイトアウトを書いている同じ作者が書いている本とは思えない作品です。こちらもなかなか魅力的です。
[ 2015/03/13 01:47 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 122

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 11冊
・ライトノベルズ 多数

つぶあん様、ありがとうございました
[ 2015/03/11 01:10 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ 有川編

有川浩・レインツリーの国

図書館戦争にて、小牧さん拷問中、毬江ちゃん登場場面は、ドラマティックです。
そんな2人にとってのきっかけの本が本に。
こういう小道具的なものがあると物語の幅がグイ~ンと広がります。

Raintree no kuni

今年映画にもなるし、図書館戦争ファン、必読です
[ 2015/03/10 01:44 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

第10回読書会のお知らせ

第10回読書会開催のお知らせです。

日時:    3月21日(土曜日)
時間:    7時半から
場所:    ブッククラブ
費用:    ブッククラブの本を読んだ方は1冊1ドル
宿題:    読んでみたい本・作家
活動内容: 前回の本についてじっくり話し合い、その他の本の情報交換や世間話も。
      次回の「本」の選考決定などを話し合います

読書会はブッククラブの会員の本好きの方ならどなたでも参加できます。
2ヶ月に1回の開催を予定しておりますので、ご都合の良い時にご参加ください。

ブッククラブでの開催となりますので「ちょっと覗いてみたいなあ」という方も是非いらしてください。
レギュラーメンバーはフィンガーフード持ち寄りですので、美味しい食べ物をつまみながらワイワイしてると思いますよ。
[ 2015/03/09 01:37 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのあれこれ ワイス編

本棚かたづけしていたら、しまいすぎていた本2冊を発見。。。
読書会のお題にもなったし、さんざん話題にもなったのにこの本の存在が頭から消え失せていたという失態。。。

ワイス博士の前世療法(瞑想CDブック)
ワイス博士のストレス・ヒーリング(瞑想CDブック)

前世を振り返るチャンスです。

本入荷のお知らせ 121

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 24冊

Tご夫妻様、ありがとうございました
[ 2015/03/04 01:28 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ 三島編

三島有紀子の2冊・しあわせのパン&ぶどうのなみだ

Shiawase no pan

2冊の本の中にゆっくりな時間が流れている。
はやくはやくと巻き込まれて過ぎる毎日。
自分のペースでのんびりいくのもいいよね。

Budo no namida
[ 2015/03/02 00:56 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 120

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの野球関連の本 14冊

Hご夫妻様、ありがとうございました

パースで日本語の本との出会いをお届けしたい「趣味の貸本屋・ブッククラブ」 

[ 2015/03/01 01:42 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)
Profile

Author:パースブッククラブ
メルアドが新しくなりました
お問い合わせはこちら↓までbookclub6014@gmail.com

オープン:土曜の朝9時-昼12時
他曜日は予約オープンします
お気軽にご連絡ください

詳細はCategoryのご案内をごらんください

本リストはブログ左下のブクログにあります

Latest comments
フリーエリア