2014-06-の記事

2014/06/30 第7回読書会 しなもん編
磯野家の謎軽くて読みやすかったです。フッと笑えることが多々ありました。そのなかにはどうでもいいことも多かったです。マスオの趣味が献血のハシゴだったりカツオに女装の趣味があったりたらちゃんはお経ダンスをするのが好きらしいです。それ以外には波平が九州から東京にでてきた暗い過去がある等、笑えないこともあってそれこそ磯野家の謎でした。つぶやき岩の秘密はじめの展開が遅くて読みにくかったです。主人公の紫朗はし...
2014/06/29 第7回読書会 さつき編
さざえさん本について。 いやあ~よくもまあこれだけ細かい、しかも正直どうでもいい事柄を真剣に分析したなあと関心しました。広い会議机にさざえさん漫画を並べ、何百枚もの付箋を貼りながら、1つ1つの疑問に丁寧に答えを探しだしたんでしょうか?何人ものマニアで夜な夜な議論を交わしたのだろうと、この本の出来上がる過程を思い浮かべるだけでもばかばかしくそして愉快です。くだらない事に真剣になれることほど、人間幸せ...
2014/06/28 第7回読書会 あずき編
磯野家の謎東京サザエさん学会なるものが存在することにまず驚きました。誰もが知ってるサザエさん、おそらく私を含めてみんな何気なく軽く読んで笑っておしまい、で、深く掘り下げて考えた事がなかったと思います。その内容を事細かく分析して、時には家族の性格分析まで面白おかしくひねってある。思い返せば最初の頃から随分と時代も流れています。作者の長谷川町子さんも最初はこんなに長い連載になるとは、思っていらっしゃら...
2014/06/27 第7回読書会 ウメ編
つぶやき岩の秘密・新田次郎なんか少年の冒険話=成長物語りには、親のいない子の話が多いような気がする。ハリーポッターとか。やっぱり親を超えて成長するということなのかねえー。この主人公は魔法を習うわけじゃないけど、海辺の岩場で魔法(=親の声)を見つけ、その再現求めひとり探し続ける。パースの海とは違い磯の匂いがする岩場だらけの黒い海なんだろう。で、途中、ストーリーに引き込まれました。が、辞世の句の謎解きあた...
2014/06/26 第7回読書会 さっちゃん編
つぶやき岩の秘密・新田次郎先生が主人公に「本当はいけないのだけれど」と自分の許容範囲で許可してしまうシーンは映画「おっぱいバレー」の先生みたいで、物語には欠かせないキャラクターなんだろうねえ。主人公にとって、「先生他を巻き込んでも自分の知りたいことを知りえるというのは魅力的だったんだろう」っていうのはわかるんだけど、ちょっと自分中心過ぎるところがあった気が。。。暗い雰囲気が本全体を漂っていたのが印...
2014/06/25 第7回読書会 みきてぃー編
新田次郎・つぶやき岩の秘密読書会に参加するようになって皆さんと会える事は最高に楽しいのだけど本に関して、すごく、良かったと思うことが自分の好きなジャンルが、どんどん、ハッキリとわかってくることこの世には、本があふれていて一生のうちに読める本は限られているだから、自分の好きな作風、好きなジャンルがはっきりしてくることはどんどん好きな本にのめり込める幸せがある今は仕事で忙しいけれど老後は、毎日1冊の本...
2014/06/24 第7回読書会 つぶあん編
つぶやき岩の秘密・新田次郎新田次郎さんという作家さんを知らなかったので、本を読むのも初めてでした。40年以上も前の作品だし、なんとなく地味な内容なのかと思ったのですが、とんでもない!!海の描写も綺麗で、海のすぐ側で育った私は想像力をかきたてられ、子供の頃に海で遊んだこと、テトラポットや岩に海水が入ってくる音、波が引いていく様子など、リアルに思い出しました。ストーリーも結末もスリリリングで、また主人...
2014/06/24 本入荷のお知らせ 107
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 55冊 米澤穂信他 K様、ありがとうございました ...
2014/06/23 第7回読書会
第7回読書会が6月21日土曜日にブッククラブメンバーのmomoちゃん様のお宅で開催されました。お家を提供して下さったmomoちゃん様、本当に有難うございました。 沢山の美味しい食べ物、飲み物を持って来てくださった読書会メンバーの皆様有難うございました。(お一人ずつお名前を紹介できないのがとても残念です)当日は新しいメンバー2人の参加と、見学者1人を迎え12人での開催となりました。みんなの持ち寄りで美味しくいた...
2014/06/22 本のご紹介 夏川編
夏川 草介神様のカルテ...
2014/06/19 冬
綺麗な花を見つけたのでつい買ってしまいました。冬は花が少ないけれど良く探してみるといろいろあるものです。Twister Venrben Lanai...
2014/06/18 第7回読書会 開催場所変更
第7回読書会(6月21日土曜日)の開催場所が変更となりました。参加ご希望の方は、ブッククラブperthbookclub@hotmail.comまで、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。...
2014/06/17 さっちゃんのあれこれ フラクタル編
おりくんは、パパと一緒に「フラクタル」の本を見て、その本にある写真を色鉛筆で描きました。「フラクタル」の説明がよほど気に入ったのか、その夜はパパの携帯でフラクタルの講義を聞きながら、眠りに落ちました。講義をしていた博士が「フラクタルの話しだったら、もう何百時間でもしてられる!」という感じだったので、その話し方が心地よかったみたいです。...
2014/06/16 本のご紹介 大平編
大平 光代だから、あなたも生きぬいてすごい本です。本の前半分は吐きそうになる位ですが、これがないと後半の感謝する気持ちがわからないくらいです。1965年生まれ。中学2年生の時、いじめを苦にして割腹自殺をはかる。その後、自暴自爆になり非行に走る。16歳で暴力団組長の妻となり、背中に刺青を入れるほどに。6年間極道の世界に生きた後、養父、大平浩三郎氏と出会って立ち直る決意をし、猛勉強を開始。「宅建」「司...
2014/06/15 作者から本のご寄付を頂きました
ブッククラブメンバーの智子さんとジュリエンさんご夫婦からとっても素敵な絵本のご寄付がありました。「二羽のカモメ」なんとこの絵本はジュリエンさんの作品で、日本語訳は智子さんがなさっています。ご夫婦合作の絵本です。子供セクションに置いてありますので是非ご覧ください。智子さん、ジュリエンさん素敵な絵本のご寄付を有難うございました。...
2014/06/13 冬
冬の花の代表シクラメン綺麗なピンクでダイニングテーブル回りを明るい雰囲気に。鉢植えのままですが、ちょっと目隠しに入れ物もお洒落に。 外はもちろん室内にも使えてちょっと便利な買い物でした。...
2014/06/12 本入荷のお知らせ 106
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 20冊 深町貴子他 M様、ありがとうございました ...
2014/06/10 第7回読書会のお知らせ
第7回読書会開催のお知らせです。日時:  6月21日(土曜日)時間:  7時半から費用:  ブッククラブの本を読んだ方は1冊1ドル飲食費: 飲み物持参宿題:  読んでみたい本・作家活動内容:前回の本についてじっくり話し合い、その他の本の情報交換や世間話も。次回の「本」の選考決定やどのような形で次回の読書会を開催するかも話し合います。読書会はブッククラブの会員の本好きの方ならどなたでも参加できます。...
2014/06/10 本のご紹介 三津田編
三津田 富左子50歳からの満足生活「老人向きには細かい縞、水玉、花柄、なんて誰が決めたのか。上品な落ち着いた柄が一般的とされているようだが、そんな一定の枠にはめられる事はごめんだ。ババくさい地味な服を着たのでは百歳に見えてしまう。私が好きなものを着ているのを見て、「個性的でいいですね」だの、「なかなかお似合いですね」と言ってくれる人だっているのだ。身にまとうものによって、気分がひどく違ってくる、だ...
2014/06/09 さっちゃんのあれこれ いしかわこうじ編
おりくんが風邪をひいた時がありました。何か静かに出来ることはないかと本棚を見ていたら、びーちゃんが小さい頃に買った本をみつけました!100ぴきのいぬがかえるほん/いしかわこうじページを切り取って、犬を作り、色々な場所において写真を撮ったりする本です。それぞれの犬に名前やストーリーがあって、海外の街角をバックに可愛い犬達が微笑んでいる写真を眺めながらの作業なので、私も飽きる事なく楽しめました。少しく...
2014/06/07 本入荷のお知らせ 105
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 45冊 モーム他 A様、ありがとうございました ...
2014/06/05 冬
大好きなモナラベンダーが少し前から店先に出始めました。可愛い紫の花をつけています。庭のどこに植えようかな?なんて考えていましたが、少しの間ダイニングテーブルから見えるバルコニーに置いてみました。...
2014/06/03 本入荷のお知らせ 104
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 3冊 富樫倫太郎他J様、ありがとうございました...
2014/06/02 るるのおすすめ 石田編
石田衣良Sex頭と心と身体が感じる最高の到達点を瑞々しく書いた、全ての男女に贈る感動の12編(裏書より)結構感動物でした。猥褻より、卑猥よりとっても感動したので、バスに乗る時も電車に乗る時も堂々と読んでしまいました。どうせ中身は縦書きの漢字入り、誰にも読めないさと思っていたのです。でもそんなものは私の勝手な思い違いでした。本の表紙が表題のごとくsexと書いてあったのです。それも白抜きに赤文字で!!ついで...