日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本入荷のお知らせ 89
2014-01-31 (金) | 編集 |
ブッククラブメンバーのC様よりご寄付を頂きました。

・大人の本   1冊
・DVD     2個  
・CD     4個

C様、ありがとうございました
2014-01-30 (木) | 編集 |
夏の鉢には例外なく植わっているお花はこちらです。
12.11.13 010
いろんな色を混ぜて植えてみました。毎朝花の数が増えているのが楽しみの一つになりました。
Petunia
本のご紹介 本多編
2014-01-28 (火) | 編集 |
本多孝好
真夜中の五分前 side-A、side-B


今までご紹介をした事がない作家です。
ちょっと異次元にいってしまったような感じのお話です。お話全体は切ないのかな?なんて思っていたのですが、いつしかミステリーになっていたり、そしてその後の展開は読んだ人のお楽しみです。唯川恵のようでいて実は東野圭吾だったりするのでしょうか。新しい作風のような気がします。
minori様から本を貸していただきました
2014-01-27 (月) | 編集 |
minori様から大事な本「宮部みゆきの櫻ほうさら」をお借りしました。

宮部みゆきの時代物です。江戸の町の賑わいや、そこで暮らす人々。
主人公を始め沢山の登場人物たちの振る舞いや息遣いまでが聞こえてきそうです。
そして今はない、沢山の生業(なりわい=仕事)。仕立物家さん、かさはり、ぼてふり、写本作り、代書家、一膳飯屋、筆墨売りなど。

昔の暮らしの風流を味うことが出来、ちょっぴりタイムマシンに乗って時代を遡ってしまったように思えました。

minori様、ありがとうございました。

本のご紹介 コイル編 
2014-01-26 (日) | 編集 |
クレオ コイル
コクと深みの名推理シリーズ
事件の後はカプチーノ(2)、秋のカフェラテ事件(3)、危ない夏のコーヒーカクテル(4)、秘密の多いコーヒー豆 (5)


大変お洒落な赤川次郎という感じのミステリーです。でもお洒落だけでなく、しっとりとした大人の魅力があり、ロマンスがあり、コーヒーの香りが漂ってきそうなお話です。全編に散りばめられたコーヒー談義や、おいしいコーヒーの入れ方などとても素敵です。私は普段お茶党なのですが、コーヒーのにおいは大好きです。この本のページをめくるとそれはそれは素敵なコーヒーの香りが漂ってきます。珈琲党、お茶党どちらの方にもお勧めの本です。(シリーズの1を近く購入予定ですが一つ一つが独立をしているので途中からでも十分楽しめます)
DVDのご寄付を頂きました
2014-01-25 (土) | 編集 |
ブッククラブメンバーのみずえ様から日本のドラマのDVDの寄付を頂きました。
みずえ様、ありがとうございました。

ブッククラブでは開店2周年を記念して、1回5冊の本を借りますとDVD1本を無料で貸し出しています。
この機会に懐かしい日本のドラマを是非どうぞ。



2014-01-24 (金) | 編集 |
今日はちょっとポットのお花を紹介します。
12.11.13 002
ちょっと見えにくいかもしれませんが、土にパラパラと茶色いものがありますが、
カタツムリや、鳥、それからネコさんたちから花を守るためのものです。
Marigold
本のご紹介 佐藤編
2014-01-23 (木) | 編集 |
佐藤愛子
花は六十


佐藤愛子は昔から好きな作家でした。でもこの本は読んでいるときに作者が「田辺聖子」だったかな?なんて何度も思わさられました。 が、「ドキリ!!」とさせられる所はやはり佐藤愛子なのでした。こんなこと言っちゃって大丈夫なの?なんて何度も思いました。のんびり読むもよし、うんうん、と首を縦にふって読んでもよし、はたまた、エー!と驚きながら読むもよし。結構な娯楽本ですが、もう直ぐ60に手が届く私には「どきり」とさせられましたよ。やっぱりチャーミングに年をとりたいと切に思った本です。
るるのおすすめ 萩尾編
2014-01-21 (火) | 編集 |
萩尾望都
ポーの一族


マンガ本のおすすめです。10代の頃にむさぼり読んだポーの一族。その後20代でもくり返し読み、今又ブッククラブの本棚に並びました。

少し前からはやっている映画の「バンパイヤー」や、連続ドラマで視聴率を上げている「ドラキュラ」物など目ではありません。萩尾望都の「バンパネラ」が一番です。絵の上手さもさることながら、ここまで壮大なスケールの話はなかなかないでしょう。るるの一押しです。萩尾望都ワールドを是非お楽しみください。
本入荷のお知らせ88
2014-01-20 (月) | 編集 |
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人の本  70冊  

momo様、ありがとうございました
本のご紹介 浅田編
2014-01-19 (日) | 編集 |
浅田次郎
初等ヤクザの犯罪学教室


感動系の本(蒼穹の昴など)、癒し系の本(鉄道員など)、そして私が勝手に命名したみどりの季節の本(青春前の子供が主人公の物語)など、沢山の浅田次郎の本を読んできたつもりですが、これは初めてのジャンルです。疑似体験的コメディーと言うのでしょうか、なんと言うのでしょうか。ちょっと軽めのタッチですが、内容はぎっしりと詰まっています。浅田式犯罪学の大教室へようこそ。
2014-01-17 (金) | 編集 |
散歩で家の周りをぐるりと歩いていると、一番多いのがこの花。
007.jpg
薄紫と白い花がとても綺麗です。
Agapanthus
本のご紹介 久坂部編
2014-01-15 (水) | 編集 |
久坂部羊
日本人の死に時


「これまで医学は、命を長らえさせることを目的としてきました。病気や怪我で自然な寿命を縮められていたあいだは、それでよかった。しかし、今はもうその時代を過ぎています。自然な寿命以上に命を長らえさすと、悲惨な長寿になってしまう」(本文より)
「楽な最期を迎えるためには、自然の寿命を大切にすることだと私は思います。すなわち天寿です。私は長寿には反対ですが、天寿には賛成です。天寿は必ずしも長寿ならずですから」(本文より)
最近お気に入りの作家久坂部羊、山崎豊子の白い巨塔ばりの本を書くと思っていたら、こういう本も書くんですね。恐ろしい事に医者である作家に、このように言われたらやはり考えさせられてしまいます。
本のご紹介 秋元編
2014-01-13 (月) | 編集 |
秋元康
結婚のヒント


フーン。まあ読んでみてください。

1956年、東京都に生まれる。作詞家。高校時代から放送作家として活躍。1983年頃から作詞家の道をあゆみ、美空ひばりの「川の流れのように」、藤谷美和子の「愛が生まれた日」などヒット曲多数。又、映画監督としても才能を発揮し、1991年松坂恵子主演の「グッバイママ」、1992年いしだあゆみ主演の「マンハッタンキス」が話題を呼んだ。
本のご紹介 大島編
2014-01-12 (日) | 編集 |
歩くとなぜいいか?
大島清


全編を通して全くその通り!とちから強くうなずいてしました。どこかに埋もれていた歩数計を探し出してみたら、なんと電池が切れていました。明日早速電池を入れて使い始めてみよう!!と決心したところです。オーストラリアは南半球にあるのでちょっと辛い季節。色んなパーティーがあり食べたり、飲んだりの機会が多いのですが、悲しいかな季節が夏だからぺらぺらの薄着。昨日の食べ過ぎのみすぎが洋服の上からてきめんに見えてしまう。でもこの本を読んで悲しがってばかりじゃなく、「今日からウォーキングがんばってみますか」と思うようになります。
2014-01-10 (金) | 編集 |
庭の片隅にあるグレープフルーツの樹に今が盛りとこんなに沢山の実がなりました。
txt books 010
でも残念なことに暑さと風でこんな風に落ちてしまいました。
022.jpg
今年は何個出来るのかな?と楽しみにしていたので、ちょっと悲しい。。。。。
Grapefruit
本のご紹介 近藤編
2014-01-08 (水) | 編集 |
近藤誠
抗がん剤だけはやめなさい


最近日本ではやっている関係の本です。考える所があって読んでみました。

近藤誠、1948年生まれ、73年慶応義塾大学医学部卒業、同年同大学医学部放射線科入局。79-80年米国へ留学。83年より同大学医学部放射線科講師。がんの放射線治療を専門とし、乳房温存療法のパイオニアとして知られる。1995年に「患者よ、がんと戦うな」で抗がん剤の毒性、拡大手術の危険を指摘し、医者、製薬会社、官僚からなる「抗がん剤ワールド」の大反発を招くが、その立場を貫き、2012年代60回菊池寛賞受賞。
るるのおすすめ 岸本編
2014-01-07 (火) | 編集 |
岸本葉子
本がなくても生きてはいける


本のいいところは携帯性があることだ。ベッドや風呂の中にまでも持ち込める。好きな頁からはじめて、どこででもやめられるのもいい。先を急いで途中飛ばしたり、逆に、面白くなってきたところで、連続ドラマの「続く」のように、次の日の楽しみにとっておくこともできる。マイペースという点では、本にまさるものはないのでは。ついでに言えばお値段も、そうものすごくはるものではない。不況の時代、本は一人の時間を満たすための、シンプルにして、投資効果の高い方法だ。(まえがきより)

全くそのとおりです。でもタイトルの「本がなくても生きてはいける」私は生きていけないよ!! シンガポールの本屋で見つけて思わず買ってしまいました。
本のご紹介 重松編
2014-01-05 (日) | 編集 |
重松清
みぞれ


重松清の本を「みどりの季節」と勝手に命名していますが、このみぞれはちょっと違います。11編の短編からなる物語ですが、どの短編にももしかしたらあなた自身や、あなたの身近な友人たちを見つけることが出来るかもしれません。ひたむきな人生を、暖かな眼差しで捉えたほんわか物語です。
るるのおすすめ 藤原編
2014-01-03 (金) | 編集 |
藤原てい
旅路


戦後のベストセラー「流れる星は生きている」の著者による感動の半世紀。少女時代の辛い体験、戦争による痛手、夫、新田次郎との生活、朝鮮から奇跡の脱出行を耐えた3人の子供たちのこと、更には夫の急死など、激しい人生の試練に立ち向かう苦闘の姿を描く。(裏書より)

ブッククラブにある「流れる星は生きている」の続編ともいえます。是非手にとってほしい1冊です。
2014-01-02 (木) | 編集 |
近くで見たらこんなに綺麗な形に咲いています。
025.jpg
樹全体はこんな感じです。
027.jpg
今はこんなにこんもりと茂っていますが、一月前はこんな感じでした。
txt books 023
そしてその前の一月はたったのこれでした。
04.10.13 024
木や花、植物って可愛いですね。私達と同じように生きているのが実感できます。
Frangipani
謹賀新年
2014-01-01 (水) | 編集 |
新しい 本との出逢い 癒されて 悲しいときも 元気なときも

新年あけましておめでとうございます。
2014年も沢山の素晴らしい本との出逢いをお手伝いできればと思っています。
日本語貸し本屋・ブッククラブを今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ブッククラブは1月11日土曜日から通常オープンいたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

ブッククラブ
るる&さちこ