パースブッククラブ 

日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 

本のご紹介 唯川編

唯川恵
彼の隣の席

1970年代、80年代に「スプーン一杯の幸せ」を発表してから恋愛小説の名手と言われた落合恵子でしたが、90年代になるとその座を唯川恵に譲った感があります。
私はその間どんどん年をとりましたが、恋愛小説を読んでいる時だけ、昔のドキドキを思い出させてくれます。
若いってこんなに胸キュンするものだったんですよねえ。
ちょっと良い感じの本です。
願わくばもう少しこのドキドキを長続きさせたい。
[ 2013/05/31 17:39 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 71

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 12冊 

洋子様、ありがとうございました
[ 2013/05/30 15:14 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

第3回読書会 minori編

minori様より

貫井徳朗・崩れる-結婚にまつわる八つの風景
短編だからこそできる荒業をうまく使いこなした作品だと思う。
特に「崩れる」と「憑かれる」なんかがそんな感じかと。

最初の「崩れる」がやはりインパクトがあったかな。内に込めてる
日本人女性ならこういう話も実際ありそうで怖い。
ストーカーの話も怖かった。ストーカーはもはや理屈では
通用しないものだし。

育児ノイローゼの話は育児をしたことがないからわからないけど、
もっと忙しすぎてバタバタしてそうな気がする、実際のお母さんたちは。
ただ、ママ友の問題をもってきたところはうまいなーと感じた。
普段ビジネス書を読んだりしないので小説じゃない(プロじゃない)文体に慣れなくて読了まで時間がかかってしまいました。

板倉雄一郎・社長失格-僕の会社がつぶれた理由
失敗を糧にして、この方はまた企業したのですね。すごいなぁ、懲りないというかなんというか。多くの負債と自己破産、ここではかなりの人が迷惑を被っているはずなのだが、を経て、それでもまた企業する、このくらいのバイタリティがないと結局企業なんてできないのだろうな。とりあえずこの新しい企業でもう失敗しないで迷惑をかけた人たちに何とか少しでも貢献できたらいいんだろうね、と余計なお世話なことを思ってしまいました。

企業は難しい、UnlimitedなLiabilityがどういうものなのか、というのを学ばせていただきました。
[ 2013/05/29 11:32 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

るるのおすすめ 高嶋編

高嶋哲夫
M8

人間って面白いものでついつい好きな作家の本を探してしまいます。
でも海外に長く暮らしていると好きな作家というのは自分と共に年取っていきますので、だんだんとマンネリになってきます。
と言う訳でブッククラブでは色んなジャンルの本、今までに棚に並んだことがない作家の本などをいつでも探しています。
M8は2月にシドニーで購入してきた本です。
あまりの怖さと早くどうなるのかと知りたいという気持ちで夜寝るのもわすれてしまったほどです。
こんなことが出来るのも夫が出張だったからだわ。
でも目の下の隈がすごい!睡眠不足にご注意を!
[ 2013/05/28 17:37 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのあれこれ 5月27日

昨日はとても暖かい1日でした。
娘びーちゃんに誘われて、海に行きました。
秋冬に2人で海に行く時は、いつも枕と寝袋持参です。
かなりの重装備にライフセーバーが「お~寝袋までもってるの!完璧じゃな~い。」
びーちゃんは、海にざぶんとはいりましたが、「水の量に対して、海藻が多すぎ。。」とすぐ戻ってきました。
波の音を聞きながらぐっすり昼寝をした後、本を読んだり、おしゃべりしたり。

23May2013 Bookclub

あざらしの様に日向でだらだらしただけなのにリラックス&リフレッシュ効果があって、是非お勧めしたい冬の午後の過ごし方です。

第3回読書会 みきてぃー編

みきてぃー様より

貫井徳朗・崩れる-結婚にまつわる八つの風景 
どれも、けっこう、かんたんに、スラスラって読めちゃう
軽いタッチでいける本でした
深く、吸い込まれたい人には、物足りないけど
でも、寝る前に、さらっと読める、お勧めかな
内容はね、まぁー
バカな男には、バカな女
バカな女には、バカな男
つまり、夫婦って、ほんと似たモノになるんだと思った
特に、短編の一番最初の女
まさに、事実にこの事件があったとしたら、「自分が蒔いた種ジャン」って言っちゃうなと思いました
私って・・・鬼かしら?(笑)

板倉雄一郎・社長失格-僕の会社つぶれた理由
一言
天才とバカは紙一重ね
あまりにも莫大な数字の世界で
私には到底理解できない世界なんだけど
でも、シンプルに、この人は、バカじゃん・・・
っと、読みながら、ぽそっと、口にしてしまいました
[ 2013/05/25 01:19 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 喜多嶋編

喜多嶋隆
愛は生きてるうちに

物語りの全体的な雰囲気がかつての片岡義夫にちょっと似ています。
海と潮風、そしてバックグラウンドミュージック。
極めつけはなんと言っても美しい女性が出てきます。
でも違うところもありますよ。
なんと言ってもこちらはお金がからんできます。
さわやかなミステリー風恋愛物語です。
主役の流葉爽太郎がまた素敵なんです。
[ 2013/05/24 17:36 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

第3回読書会 るる編

るるより

貫井徳朗・崩れる-結婚にまつわる八つの風景
8つの家族からなる短編集です。
全ての短編が一般の家庭を題材にしている物語です。
どこにでもいる妻や夫、そして子供達。
幸せの暮らしの中にもある小さな落とし穴。思わず自分の暮らしの中にはそんな落とし穴がのぞいていないか振り返ってしまったほどです。
「そういえば、あの時にあれを選択していたら、こうなっていたかもしれない」なんて思わせる場面が沢山出てきます。私達が普段使っている「常識」と言う言葉は、健康な精神状態にある時に言われる常識で、精神状態の如何によってそれはもう「常識」ではないのかもしれません。
ちょっと怖い本です。

板倉雄一郎・社長失格-僕の会社がつぶれた理由
作者の板倉雄一郎はなんと言ってもアイディアマン。
新しいアイディアが次から次にでてくる。でも出て来るだけでなく、それを自ら立ち上げていくことが出来るすごい人でもある。文中に以前何かで読んで知っていた部分があったりして、すごく興味を持っていっきに読んでしまいました。

それは例えば文中で作者の手がけたソフトをビルゲイツに説明したりする場面では「あー、そんなことしたらビルゲイツにそのアイディアを盗まれてしまうよ」なんて思いながら読んでいました。
もちろん本の後の方で作者の会社ハイパーネットが倒産の目を見そうな時に「ビルゲイツが会社を買ってくれる可能性があるかも」なんていうところにいたっては「そんなことする訳ないじゃない!」なんて叫んでしまったほどです。

社長失格出版後更に失敗から学べ、社長失格の幸福論、敗者復活の経営学などを出しています。
こちらも機会があれば是非一読したい本です。
[ 2013/05/23 11:48 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

ブッククラブカード10回達成!

ブッククラブ開店1周年を記念して始めたブッククラブカード。
先日このカードのスタンプ10個を達成されたメンバー様がいらっしゃいます。

おめでとうございます & ありがとうございます

続々と10回達成のメンバー様が増えそうです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

[ 2013/05/22 10:43 ] その他 | TB(0) | CM(0)

第3回読書会

第3回読書会が5月18日土曜日にフロリエットフォーラムのレストランバー・ブールヴァードホテルで開催されました。
新しいメンバーも1人加わり、今回は7名の集まりとなりました。

5月になり、ちょっと寒くなってきたので外のガーデンではなく、レストランの中に移動してみました。
大きなバーカウンターがあり沢山の人で賑わっていましたが、テーブルがそれぞれ離れているので気になることはなかったです。
chips


参加出来なかった方のメールで送られてきた感想は、プリンターのインクがきれていたので、手書きで書きうつし、読みあげました。
Copy


お題本は下記の2冊です。
社長失格・板倉雄一郎
1984年に約8万9,000の加入電話が不通となった「世田谷電話局火災事故」の際に板倉の電話が混線し、同じく混線に遭遇した数人と同時に会話ができた事をヒントに、通信アプリケーションサービス会社の国際ボイスリンク株式会社を1989年12月に設立し、1990年6月から電話会議サービス開始。
1991年6月、出資者との経営上の対立から国際ボイスリンクを退社し、国際ボイスリンクのサービスを発展させた、株式会社ハイパーネットを設立した。ハイパーネットではアスキーと提携して世界初のプッシュ型ダイレクト広告システムを利用した無料インターネット接続サービス「HotCafe」を展開し、ニュービジネス協議会より「ニュービジネス大賞」および「通商産業大臣賞」を受賞した。一時はハイパーネットの経営者として成功するが、1997年にハイパーネットが倒産。個人としても37億円の債務を負い自己破産する。
1998年に、その経緯を纏めたノンフィクション『社長失格 ~ぼくの会社がつぶれた理由~』を著し、ベストセラーとなる。(著者紹介より)

崩れる・貫井徳郎
仕事もしない無責任な夫と身勝手な息子にストレスを抱えていく芳恵。ついに我慢の限界に達し、とった行動は。(崩れる)
30代独身を貫いていた翻訳家の聖美。ある日高校の同窓生だった真砂子から結婚報告の電話があり、お祝いの食事会に招待されるが。(憑かれる)
家族崩壊、ストーカー、DV、公園デビューなど、現代の社会問題を「結婚」と言うテーマで描き出す、狂気と企みに満ちた8つの傑作ミステリ短編集。(裏書より)

この2冊を回覧して読書会は始まりました。
続々と「感想文」を発表していく予定です。
お楽しみに!


[ 2013/05/22 01:03 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 若月編

若月かおり
ずっと、ずっと、あなたのそばに(映画「いま、会いに行きます」――澪の物語)

市川拓司のベストセラー「いま、会いにゆきます」の映画化脚本を元に、みずみずしい感性で新人が書き下ろしたもう一つの愛の物語。
文中に文通をするシーンがあるのですが、思わず昔を思い出してしまいました。
まだメールや携帯電話がない頃、ましてや国際電話なんか高くてかけられない頃、私もずっと手紙を書き続けたものです。
時々写真を同封したりして。
返事が来るまでの2週間はドキドキしたり、待っている時間も楽しかったことを思い出してしまいました。
[ 2013/05/21 17:35 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 70

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 1冊 湊かなえ

J様、ありがとうございました

本と一緒に手作りの美味しいケーキの差し入れもしていただきました。
それから個人的なお礼もこの場をお借りして、いつも沢山の卵白を頂きまして本当にありがとうございます(るる&息子)

[ 2013/05/20 11:06 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 群編

でも女
群ようこ

9編の短編集です。
幼稚園児、女子大生、主婦、キャリアウーマン、ハイミスどれも女性を主人公にした様々な女達の生態と心理を鋭く書いた物語です。
「そうそう、その通り」「まったくその通りなのよ」とつい声に出してしまいたくなってしまうほどです。
笑いの中にもユーモアがあり、ユーモアの中にもブラックユーモアがあったり、ちょっとどきりとすることもあるけれども、読後感は「なんだかスッキリした」、という感じです。
時間がない時などにおすすめの短編集です。
[ 2013/05/19 17:33 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

手作り豆腐

ブッククラブメンバーのY様。
毎回いらっしゃる時に手作りのお豆腐を持ってきてくださいます。

その美味しいこと!
お豆腐のまろやかな味、歯ざわり、つるりと通るのどごし感!さすが手作りです。
お醤油、葱、生姜をつけてよし、マーボー豆腐にしてよし、これからの季節には湯豆腐と言う手もありますね。
とにかくどんな調理法にしても本当に美味しいお豆腐です。

Y様、いつもどうもありがとうございます
[ 2013/05/19 11:14 ] メンバー様より | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 大沢編

B・D・T
大沢在昌

「俺のオフィス兼住宅は新青山のはずれのビルにあった。新青山は、2024年に出来た地名で旧青山墓地をつぶしてオフィスビル街を作ったときにつけられた」
日本の近未来のお話です。
こんな風になってしまうのでしょうか、まさかねえ、なんて思っているのは外国で暮らす私達だけなのかもしれません。
日本に住む日本人にとっては限りなく身近なことなのかもしれません。
物語自身はすごく面白い、でも取り巻く環境はものすごく怖いです。
その怖さは本文の問題点を鋭く突いているからかも知れません
[ 2013/05/16 17:32 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 69


寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・子供向けの本 4冊 ニルスの旅

momo様、ありがとうございました


[ 2013/05/14 17:06 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 中井編

娘から娘へ
中井貴恵

女優中井貴恵のエッセイです。
海外での生活あり、子育て奮闘記ありの盛り沢山です。
中でも本のタイトルである「娘から娘へ」という心温まるシーンがあちこちに散りばめられていて、優しい気持ちになります。
私達はこんな風にして両親に愛され、育てられたんだなあ、と思わず思ってしまいます。
両親から受けた愛情を自分が子供達に与えているんだなあと意識させられてしまいます。
心温まるエッセイです。
[ 2013/05/13 17:30 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

第3回読書会・5月18日土曜日

いよいよ第3回読書会開催のお知らせです。

日時:  5月18日(土曜日)
時間:  7時半から
場所:  The Boulevard Hotel
住所:  Cnr of Boulevard & Howtree Pl, Floreat Forum Shopping Centre
バーURL: http://www.theboulevardhotel.com.au/index
費用:  ブッククラブの本を読んだ方は1冊1ドル
飲食費: ご自分のお飲み物代金
活動内容:前回の本についてじっくり話し合い、その他の本の情報交換や世間話も。次回の「本」の選考決定やどのような形で次回の読書会を開催するかも話し合います。

読書会はブッククラブの会員の本好きの方ならどなたでも参加できます。
2ヶ月に1回の開催を予定しておりますので、ご都合の良い時に是非ご参加ください。

[ 2013/05/13 00:02 ] ブッククラブ読書会 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 68

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 50冊 佐野洋子他

なおこ様、ありがとうございました
[ 2013/05/12 16:54 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

さっちゃんのおすすめ 佐野編

寄付していただいた本の中に佐野洋子役に立たない日々という文庫になったエッセイがありました。
彼女の毎日を小説にした様な本で、彼女になった気持ちで読み、一緒に憤り、一緒に笑い、一緒に文句を言い、一緒に家事をし、一緒にどうでもいいやと思うことができました。
後ろ向きなコメントも盛りだくさんですが、毎日に対して前向きな姿勢を感じるばかりで、これは人生の後輩としてみならいたいと感じました。

読み終わって「さのようこ。。。聞いた名前なんだけどな」と頭の中をグーグルしてみたものの、他の著書が思い浮かびませんでした。
「解答をみてしまえ」と思い、著者紹介を読んだら、あの有名な絵本「百万回生きたねこ」の方で、驚きました。

ブッククラブのリストに著者の「シズ子さん」という本も見つけたので、今週の楽しみができました。


[ 2013/05/11 11:01 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 67

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 8冊 

りか様、ありがとうございました
[ 2013/05/10 16:44 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 荻原編

荻原浩
神様からひと言
本の表紙に使われている写真がとても素敵です。
大きな樹の木蔭にベンチが一つ、その向こうには光が当たっている沢山の緑とその緑が鏡のように映し出されている湖。
白抜きのタイトルが又素敵です。

あぁもう。まったくもう。いやになっちゃうなほんとうに! 荻原浩の小説を読むと、ページを閉じた瞬間、いつもそんな気持ちになる。それはもちろん「本当に嫌になっている」訳ではなくて、笑いながら「参りました」と頭を下げたくなるような、してやられた感。当然、悪い気なんてしない。(解説)

表紙と内容、してやられました。
[ 2013/05/09 01:17 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 66

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 1冊 貴志祐介 

みきてぃー様、ありがとうございました
[ 2013/05/08 16:42 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

るるのおすすめ 浅田編

浅田次郎
蒼穹の昴 1・2・3・4

人間の力を持ってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか、時代を吹き荒れる嵐、渦巻く権力への野望、憂国の熱き思いはついに臨界点を超えた。(文中より)

私の大好きな歴史的事実と渦巻く人間模様。
プラハ、ベルリン、ウィーン(春江一也)、スペイン(五木寛之)、ドイツ(箒木蓬生)と来て、やっとアジアの中国(浅田次郎)に来ました。
4巻もあるので眠れぬ日が続くこと請け合いです。
[ 2013/05/07 01:16 ] おすすめの本 | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 65

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 171冊 

くにこ様、ありがとうございました
[ 2013/05/06 16:40 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

子供と本 23 

手元に残っている子供の絵本と、子供達が購入した本の数々。
処分をするのは忍びないし、古本屋に持っていくかとも考えましたが、子供達がそれぞれ処分しないでずっと持っていたいということでした。
日本語の絵本に関しては只今ブッククラブで活躍をしていますが、英語の本に関してはそろそろビニール袋に入れてストレージにでも持っていこうかと考え中です。
ラージプリントのハリーポッターはどうしたかって?
只今その本は息子のガールフレンドに貸し出しています。その本が帰って来たら当分の間ストレージかもしれません。

今、子供達は勉強とアルバイトに忙しくて、本を読むゆとりはないのかもしれませんが、又そう遠くない将来、自分の好きな本を手に取り、楽しい時間を送ってほしいと思います。

23回にわたる子供と本を読んでいただきましてありがとうございました。

るる

本入荷のお知らせ 64

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 42冊 

まさえ様、ありがとうございました
[ 2013/05/04 16:35 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本入荷のお知らせ 63

寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。

・大人向けの本 100冊 

ちなみ様、ありがとうございました
[ 2013/05/02 16:36 ] 本入荷のお知らせ | TB(0) | CM(0)

本のご紹介 貫井編

貫井徳郎
崩れる
8つの家族からなる短編集です。
全ての短編が一般の家庭を題材にしている物語です。
どこにでもいる妻や夫、そして子供達。
幸せの暮らしの中にもある小さな落とし穴。思わず自分の暮らしの中にはそんな落とし穴がのぞいていないか振り返ってしまったほどです。
「そういえば、あの時にあれを選択していたら、こうなっていたかもしれない」なんて思わせる場面が沢山出てきます。私達が普段使っている「常識」と言う言葉は、健康な精神状態にある時に言われる常識で、精神状態の如何によってそれはもう「常識」ではないのかもしれません。
ちょっと怖い本です。
[ 2013/05/01 01:04 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)
Profile

Author:パースブッククラブ
メルアドが新しくなりました
お問い合わせはこちら↓までbookclub6014@gmail.com

オープン:土曜の朝9時-昼12時
他曜日は予約オープンします
お気軽にご連絡ください

詳細はCategoryのご案内をごらんください

本リストはブログ左下のブクログにあります

Latest comments
フリーエリア