2011-12-の記事

2011/12/31 大晦日
今日は大晦日ですね。紅白を見ながら、こたつに入って、クリスマスプレゼントにもらった図書券で買った新しい本を読む!小学生のさっちゃんにとっての大晦日は、夜遅くまで本を読んでいても怒られない素晴らしい日でした。良いお年をお迎えください。沢山の方々が笑って過ごせる毎日でありますよう。...
2011/12/29 本入荷のお知らせ 7
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 167冊・コミック 11冊 Aちゃん様、ありがとうございました...
2011/12/26 日本語貸し本屋 3
本を選ぶ楽しさ本には、読む楽しさだけではなく、実は選ぶ楽しさもあります。読む前から、楽しい気分にひたる事が出来るのです。現地図書館では、残念ながら選ぶというほど日本語の本の冊数は多くなく、1度借りてしまうと「次は残りのあれしかない」という危機感の様なものを感じてしまいます。ブッククラブには、およそ2000冊の在庫があり、その内大人向けの本は1400冊以上あります。その中から自分が読みたい本をじっく...
2011/12/21 ブッククラブのプレゼント その1
 育児日記をプレゼント 日本を離れて海外での妊娠出産って何かと不安ですよね。ましてや初めてならなおさらです。ブッククラブでは、マタニーティー、出産、育児などに関する雑誌や本が41冊ございます。これらは、沢山の方々に寄付して頂いたものです。本当にありがとうございます。その中に真新しい育児日記(誕生から3歳まで)がございました。今回、この育児日記を2012年の新しい年に上記関連の雑誌、または本を借りて...
2011/12/18 さっちゃんのおすすめ 和田編
今日の本は、和田竜ののぼうの城です。時代物小説としては深みがないとか、ペラペラな脚本みたいとか、人物描写が乏しい等など、辛辣な批評が多いこの本ですが、本を読む時間をゆっくりとる事が難しい時など、こういった軽い時代物は逆に有り難い存在だと思います。ページを戻って「え~と、これは誰だったっけ?」という事も全くなかったし、人物名などの漢字の正しい読み方はわからないままに最後まで読んじゃったという事もなか...
2011/12/15 日本語貸し本屋 2
趣味の貸本屋の誕生そんな時、日本語の本の貸し本屋さんがあればいいなあと思ったのです。古本屋にしてしまうと本の調達が難しいけれど、貸し本屋ならば1冊の本で何人もの人が楽しめるなんて素敵!と思い、「やってみる?」「いいよ~!」とさっちゃんとるるは、ブッククラブをはじめることになりました。ブッククラブは、気軽に多くの方にご利用頂き、その収益で新たに在庫を増やす事にしています。つづく...
2011/12/12 おりくんのおすすめ その2
家の中にクリスマスツリーが飾られてとっても綺麗になったんだ。僕はツリーのてっぺんにあるお星様が大好き。ママが読んでくれた さむがりやのサンタさん サンタさんは雨が降っても霙が降っても霧が出ても一生懸命に皆にプレゼントを配っているんだね。ちょっとぐちぐち言いたくなるわけだ。サンタさん、僕とってもいいこにしているから、沢山プレゼント持って来てね!やさぐれエルフ おりくんさむがりやのサンタさんは、家族皆...
2011/12/10 クリスマスのご挨拶
街のあちらこちらにクリスマスのデコレーションを見かける季節になりましたね。ブッククラブの暖炉にもクリスマスにまつわる本を飾り付けました。日本語の貸し本屋・ブッククラブがオープンしてから早2ヶ月、無事にクリスマス&新年を迎えることができそうです。それもひとえに皆様のおかげです。これからも更なる本在庫の充実を心がけていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。楽しいクリスマスと良いお年をお迎えくださ...
2011/12/07 本入荷のおしらせ 6
寄付して頂いた本がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・大人向けの本 24冊・児童 3冊・育児 5冊T様、ありがとうございました...
2011/12/06 日本語貸し本屋 1
ブッククラブを始めるまでブッククラブを始めるまでは、友達と本の交換をしたり、あちこちの図書館から日本語の本を借りてきたりしていました。もちろん日本に里帰りをする時には大量に日本語の本を購入します。去年の年末年始には、日本から55冊の本を買ってきました。それでも半年を過ぎる頃にはほとんど読み終わってしまい、ちょっと心細い思いをしていたのです。たぶん、1年に100冊くらい読んでいるのではないかと思いま...
2011/12/02 本入荷のお知らせ 5
寄付して頂いた趣味の雑誌がブッククラブの本棚に仲間入り致しました。・ベースギター 11冊・レトリーバー犬 9冊・トールペインティング 8冊・ネイルアート 1冊・育児 1冊・料理 1冊・浴衣 1冊K様、ありがとうございました...
2011/12/01 さっちゃんのおすすめ 森編
ちょっと疲れ気味なのか、本にハッピーエンドを期待しています。「どうかどうかハッピーエンド、プリーズ」と祈りながら、読み進めていくのです。森 絵都のカラフルは、良かった。「天使&ちょっとどこかで間違っちゃった人間」の組み合わせで、ある程度お決まりのステップを踏んでいくわけですが、ところどころにひねりのある文章のおかげで、最後までがっかりせずに読み終わり、ホッとする様な満足感がありました。この著者の違...