日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのあれこれ 怖い絵展編
2017-06-10 (土) | 編集 |
「中野京子の怖い絵展をやるのよ」とたさきのこさん奥様から、羨ましい情報が流れてきました。
世界各国の美術館から集まってくるたくさんの絵画。
怖い絵シリーズを読んで、絵の背景も少しは理解できて、「美術館で絵を見れたらいいな」と思っていました。
東京だけでなく兵庫県でも開催されるようなので、「パースの兵庫センターでもやらないかな」とか「12月17日に間に合う様に日本に帰国したら行けるかも」とか妄想中。

怖い絵展
kowaieten.jpg
たさきのこさんご夫妻、私の分も楽しんできてください
さっちゃんのあれこれ 
2017-05-15 (月) | 編集 |
snooencyclodi.jpg
Charlie・Brown/Encyclopedia
スヌーピーのエンサイクロピディアを2冊を古本屋で買いました。
小学校低学年にはちょうどいい字数と4コマ漫画もあり、おりくんの読み物にちょうどいいと思ったのですが。。。
snoopage.jpg
私以外の家族が本を開くとくしゃみがでます。
絶版なので、新書での購入ができないのが残念です。
さっちゃんのあれこれ Writer's week編
2017-05-12 (金) | 編集 |
何か月も前のライターズウィークでこんな催しがやっていました。
writersweek1.jpg

私の好みで子供の本を選ぶとどうしても偏ってしまうので、ものすごくいいアイディアです。
来年は是非行ってみたいです
さっちゃんのあれこれ ブルック編
2017-05-09 (火) | 編集 |
レズリー・ブルックが描いた三匹のこぶたがすっごい存在感です。
kinnogacyopig.jpg

ぬけ作やらきんきらこっていう翻訳がまたすっごいです。
何十年も前に翻訳された本を読むと語彙が広がります。

kinnogacyoles.jpg
金のがちょうのほん‐4つのむかしばなし/レズリー・ブルック
「三びきのくま」「三びきのこぶた」「金のがちょう」「親ゆびトム」というイギリスの昔話に、ブルックがこれ以上ないと思わせるほど事な絵をつけています。
1904年生まれの古典。
さっちゃんのあれこれ Audio編
2017-04-15 (土) | 編集 |
日本昔話のCDブックを眠る前に聞くのが気に入っているおりくん。
私の知らない昔話 ”Silly Saburo”を繰り返し聞いてウケている。

中古の本とかオーディオブック等を売っているところがあるのを思い出したので、久しぶりに行ってみた。
リチャード・ギアが朗読しているリトルプリンス3ドル、お買い上げ

thelittleprinceaudio.jpg
The Little Prince / Antoine De Saint-Exupery

LOTEのセクションに前回ビブリオバトルチャンプ本のセルビア語のがあって1人で盛り上がったが、残念ながらやっぱり読めない。
古本屋は「何か見つかるかも?!」とワクワクする楽しみがあるのがいいね。

Book Bazzar
bookbazzarshenton.jpg