日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 石田編
2017-04-24 (月) | 編集 |
石田衣良・非正規 レジスタンス
ishidahiseiki.jpg

本のフリーターというのはこういった理由でフリーターになるのかうなずいてしまいました。
そして深夜パッケージのインターネットカフェもこのような理由で利用されているのかとびっくり仰天。
海外に長いこと住んでいると言葉は知っているけれども実態が伴わないという日本の事情にすっかり疎くなってしまいます。
まずは一読して仰天してください。

るる
本のご紹介 浅田編
2017-04-18 (火) | 編集 |
asadatsubaki.jpg

浅田次郎・姫椿
浅田次郎の短編集です。
心がほんわかとしたり、癒されたり、涙がほろりと出たり。
ときどきふと読みたくなりますよね?そんな物語を。

るる
本のご紹介 東野編
2017-04-12 (水) | 編集 |
higashinodochirakakanojyo.jpg

東野 圭吾・どちらかが彼女を殺した
ときどき読みたくなる東野圭吾。
こんなにたくさんの本が出版されているにもかかわらず、一つとして同じパターンのミステリーはありません。
ここまでくるとどんな結末が待っているのがとても楽しみです。
この本に関しては最後のとじ込み、推理の手引きも忘れずに読んでください。

るる
本のご紹介 真山編
2017-04-06 (木) | 編集 |
mayamacorruptio.jpg
真山 仁・コラプティオ

コラプティオって何のこと?辞典を調べてみました。
まずは大辞林にお世話になりましたが、カタカナのコラプティオは出ていませんでした。
英語CORRUPTIOと本の表紙になっているので英語で調べてみました。
CORRUPTから来ているようなので背徳的な、不正な、腐敗したという意味があります。
CORRUPTIOラテン語で疑獄の意味もあるようです。
真山仁どこまでコラプティオに迫れるか。

るる
本のご紹介 高野編
2017-03-31 (金) | 編集 |
高野和明・13階段
taka13kaidan.jpg

なんとなく13階段というと、13日の金曜日を連想してしまいます。
そちら系の話ではありませんが、高野和明の幽霊人命救助隊が思いもよらず楽しく読めたのでこれは2冊目です。
13階段も裏切りませんでしたよ。
2003年には映画にもなりました。
なかなか読みごたえがあります。

るる