日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 白石編
2017-03-25 (土) | 編集 |
白石一文・一瞬の光
issyunnshiraishi.jpg

白石一文のデビュー作です。
こんなおしまいがあってもいいかなあ、と思わされます。
まだ白石小説の型にはまっていないというのでちょっとお勧めかもしれません。

るる
本のご紹介 乾編
2017-03-19 (日) | 編集 |
乾くるみ・イニシエーションラブ
yamamotofui.jpg

本の帯に必ず二度読みしたくなると書いてあります。
ふんふん、と軽く読んでいきます。そしてやっぱり二度読みしてしまいました。
それも読み終わったすぐにですよ、こんな本初めてでした。
そして二度読みした人がいたら是非その話を聞かせてください。
私もぜひ解決したいのです。

るる
本のご紹介 山本編
2017-03-13 (月) | 編集 |
山本文緒・絶対泣かない
fumioyamazettai.jpg

山本文緒の短編集です。
なかなかいい感じの短編集です。
きっと作者の経験と周りの友人の癒される経験をまとめたのかなあ?という感じです。
それにしても一番最後までさっくりと癒されます。

るる
本のご紹介 石田編
2017-03-07 (火) | 編集 |
石田 衣良・Gボーイズ冬戦争
ishidagboys.jpg

忘れた頃に読みたくなる石田衣良の池袋ウエストゲートパークシリーズ。
Gボーイズ冬戦争はそのシリーズの第7弾。
一話一話の物語は独立をしているのでどこから読んでも楽しむことができます。
でもやっぱり登場人物の過去の挿話なども絡んでくるので一話から順を追って読むのをお勧めします。

るる
本のご紹介 三崎編
2017-02-28 (火) | 編集 |
ニセモノの妻・三崎亜紀
nisemonotsumamisaki.jpg

妻。。それはいちばん近くて、いちばん不可解なアナザーワールド。
「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」
ある日、六年間連れ添った妻はこう告白し、ホンモノ捜しの奇妙な日々が始まる……。
真贋に揺れる夫婦の不確かな愛情を描く表題作ほか、無人の巨大マンションで、坂ブームに揺れる町で、非日常に巻き込まれた四組の夫婦物語。
奇想の町を描く実力派作家が到達した、愛おしき新境地。