日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのおすすめ 加藤編
2017-02-20 (月) | 編集 |
モップガール・加藤実秋
mopgirlkato.jpg

高給優遇・初心者歓迎…
求人広告に誘われて、フリーターの桃子が就職した先は、事件・事故現場の後始末が専門の掃除会社だった。
個性豊かな清掃員達が、桃子に起こる超常現象を手がかりに、事件や事故の謎に挑むお掃除サスペンス。
さっちゃんのおすすめ 原田編
2017-01-31 (火) | 編集 |
東京ロンダリング・原田ひ香
tokyoharada.jpg

内田りさ子、32歳。
訳あって夫と離婚し、戻る家をなくした彼女は、都内の事故物件を一か月ごとに転々とするという、一風変わった仕事を始める。
人付き合いを煩わしく思い、孤独で無気力な日々を過ごすりさ子だったが、身一つで移り住んだ先々で出会う人人とのやりとりが、次第に彼女の心を溶かしてゆく。
東京の賃貸物件をロンダリング“浄化”する女性の、心温まる人生再生の物語。
さっちゃんのおすすめ 谷川編
2017-01-03 (火) | 編集 |
谷川晃一・うそうさぎ
usousagi.jpg

絵も文もダラダラ感いっぱいの絵本。
なのになぜかおりくんが気に入っている。
さっちゃんのおすすめ 森沢編
2016-11-10 (木) | 編集 |
ちょっとした毎日の出来事とかちょっとした言葉で元気になったり、頑張れたりするんだよね。
小説によくあるキャラ設定だけど、現実の方が突飛だったりするし、スルッと読めたからオススメ

daijikogoe.jpg
大事なことほど小声でささやく/森沢明夫
駅前の寂れた通りの地下にある「スナックひばり」。
そのママは身長2メートルを超えるマッチョなオカマ・通称ゴンママ。
彼(彼女?)の周りに集まるのは、一癖も二癖もある「変わり者」ばかり。
エロジジイ社長、金髪モヒカンの歯科医師、シャイで生意気な男子高生、謎のセクシー美女、うだつの上がらない中年サラリーマン…。
いつもは愉快な彼らも、それぞれ人知れず心に傷を抱えていて―。
心の垢を洗い流す感涙小説。
るるのおすすめの本 俵編
2016-11-04 (金) | 編集 |
俵 万智
たんぽぽの日々

Capture.png
  「たんぽぽの 綿毛を吹いて  見せてやる  いつかおまえも 飛んでゆくから」

「サラダ記念日」から20余年、母俵万智が初めて歌う、子供の世界、親の心。
じんわりと心を温かくしてくれます。そういえば作りました20年前に。
「わらってるね」 風に揺れる 花指して ひまわりよりも ちいさな息子